ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

 職業訓練指導員免許とは

 職業訓練指導員免許は、職業能力開発促進法に基づき、公共職業能力開発施設等において職業訓練を行う者が持つ資格であって、都道府県知事から交付されます。

 この職業訓練指導員免許は、123職種に分けられており、それぞれの職種について、担当できる訓練科目が定められています。

 

 職業訓練指導員免許を取得できる方

 職業訓練指導員免許の交付を受けることができるのは、次のいずれかに該当する方です。

1.職業能力開発総合大学校での指導員訓練(長期課程又は専門課程)を修了した方
2.職業訓練指導員試験に合格した方
3.免許職種に関する学科を修めた方で、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習、福祉又は福祉実習の教科についての高等学校の教員の普通免許状を有する方
4.厚生労働大臣が指定する講習(注)を受講した方
(注)厚生労働大臣が指定する講習は、岐阜県職業能力開発協会(TEL:058-322-3677)において実施しておりますので、受講に関するお問合せは、岐阜県職業能力開発協会までお願いいたします。

 

 職業訓練指導員試験

 職業訓練指導員試験は、職業能力開発促進法に基づき職業訓練指導員の資格を取得するための試験で、合格者の方には、申請により職業訓練指導員免許証が交付されます。(この試験は、岐阜県職業訓練指導員の採用試験ではありません。)

岐阜県では、例年10月に試験を実施しています。

○平成29年度の試験日程

受験申請受付:平成29年8月23日(水曜日)〜年9月22日(金曜日)

 ※郵送の場合は平成29年9月22日(金)の消印有効です。
試験日:平成29年10月26日(木曜日)
試験会場:岐阜県庁7階7北-1会議室(岐阜市薮田南2-1-1)
合格発表:平成29年11月29日(水曜日)

○試験科目
学科試験のうち「指導方法」のみ

○受験資格

 実技試験及び関連学科が免除される方(注)。ただし、次のいずれかに該当する方は受験できません。

1.成年被後見人又は被保佐人
2.禁錮以上の刑に処せられた方
3.職業訓練指導員免許の取消しを受け、当該取消しの日から2年を経過しない方

○受験手数料

 職業訓練指導員試験手数料(学科試験)3,100円
(注)受験申請書を受け付けた後は、申請の取り下げ又は受験しなかった場合等いかなる理由があっても、手数料は返還いたしません。

○受験申請手続き

 受験申請受付期間内に、受験申請書等受験申請に必要な書類(注)を提出して下さい。受験申請を受理したときは、後日受験票を送付します。

 平成29年度職業訓練指導員試験受験申請案内(PDF形式906KB)
(注)受験資格や受験申請に必要な書類は、岐阜県労働雇用課において配布しております『職業訓練指導員試験受験申請案内』でご確認下さい。

 なお、『職業訓練指導員試験受験申請案内』の郵送を希望する場合は、140円切手を貼った宛先明記の返信用封筒(角形2号)を同封して、下記問い合わせ先までお申し込み下さい。

 

 職業訓練指導員試験合格者発表について

平成29年度職業訓練指導員試験合格発表

平成29年11月29日発表分職業訓練指導員試験合格者(PDF形式:31KB)

受験者の方へ(PDF形式:136KB)

 

ー過去の合格発表ー

平成27年11月24日発表分職業訓練指導員試験合格者(PDF形式:31KB)

平成28年11月16日発表分職業訓練指導員試験合格者(PDF形式:31KB)

 

 職業訓練指導員免許証の再交付について

職業訓練指導員免許証を滅失したり、損傷したり、または、氏名を変更した時
職業訓練指導員免許証の再交付を申請することができます。

 (再交付手数料:2,000円)

再交付について
再交付には「職業訓練指導員免許証再交付申請書」を提出して頂きますが、申請前に交付状況を確認させて頂きますので、事前にお電話にてお問い合わせ下さい。