ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

特定計量器の有効期間

計量法では、特定計量器を取引・証明に使用する場合、検定等を受け合格したものでなければ使用することができないことになっています。

また、合格した特定計量器も使用する年数が過ぎると法律で定めた許容範囲を超えることが判っています。

このため、それぞれの特定計量器ごとに有効期間を設けています。

なお、有効期間が満了した特定計量器は、修理のうえ再び検定を受けることができます。

 

検定の有効期間

特定計量器の種類

有効期間
積算熱量計 8年
温水メーター 8年
騒音計 5年
ガスメーター 10年
ガラス電極式水素イオン濃度指示計 6年
ガラス電極式水素イオン濃度検出器 2年
燃料油メーター 自動車等給油メーター 7年
小型車載燃料油メーター 5年
大型車載燃料油メーター
簡易燃料油メーター
定置燃料油メーター
液化石油ガスメーター 4年
振動レベル計 6年
濃度計 (ガラス電極式水素イオン濃度指示計・検出器及び酒精度浮ひょうを除く9種類) 8年
水道メーター 8年
照度計 2年
最大需要電力計 (電子式のもの) 7年
(電子式以外のもの) 5年
電力量計

計量法施行令別表第三第四号イに掲げるもの

10年

計量法施行令別表第三第四号ロに掲げるもの

7年

計量法施行令別表第三第四号ハに掲げるもの

5年
無効電力量計 (電子式のもの) 7年
(電子式以外のもの) 5年

 

基準器検査の有効期間

特定計量器の種類

有効期間
温度基準器 5年
圧力基準器 4年
密度基準器 イ基準密度浮ひょう 8年
ロ液化石油ガス用基準浮ひょう型密度計 3年
濃度基準器 8年
比重基準器 8年
振動基準器 4年
熱量基準器 6年
騒音基準器 2年

 

タクシーメーター装置検査の有効期間

特定計量器の種類 有効期間
タクシーメーター 1年

 

定期検査の周期

特定計量器の種類

検査周期
質量計 2年に1回
皮革面積計 1年に1回

 

定期検査を受けることを要しない期間

特定計量器の種類

有効期間
皮革面積計 6月
質量計 1年(経過措置あり)

 

計量証明検査の周期

特定計量器の種類

有効期間
騒音計 3年
振動レベル計 3年
濃度計

(ガラス電極式水素イオン濃度検出器及び酒精度浮ひょうを除く)

3年
質量計 2年
皮革面積計 1年

 

計量証明検査を受けることを要しない期間

特定計量器の種類

期間
皮革面積計 6月
質量計 1年
騒音計 6月
振動レベル計 6月
濃度計(PH計検出器及び酒精度浮ひょう除く) 6月

 

型式承認の有効期間

特定計量器の種類

有効期間
全特定計量器 10年

 

問合せ先・申請(届出)先

担当所属 岐阜県計量検定所
電話 058-254-8188
FAX 058-254-8189
E-mail c21705@pref.gifu.lg.jp