ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

森林整備地域活動支援交付金

森林整備地域活動支援交付金とは

 小規模で分散している森林をとりまとめ、施業の集約化による効率的な林業生産活動を進めていくため、所有者や境界の確認、各種調査や間伐実施の同意取り付けなどの活動を支援します。

 

◆対象者

 市町村長と結ぶ協定に基づき地域活動を行う森林所有者、森林組合、事業体など

 

◆対象行為

 市町村長と結ぶ協定の期間に行われる下記の地域活動

 

1.森林経営計画作成促進

 ○活動内容:森林経営計画の作成に必要な、森林情報の収集・整理、説明会や戸別訪問を通じた計画参画への合意取り付けなどの活動

 ○対象森林:森林経営計画の対象とされていない森林

 ○交付金額:
【共同施業型】
森林施業計画がない状態から森林経営計画を作成する育成林1haあたり

 8,000円以内
【経営委託型】
森林経営委託契約に基づき森林経営計画を作成し計画期間内に間伐を実施する森林1haあたり

 54,000円以内(境界確認あり)、38,000円以内(境界確認なし)
【不在村者の現地立会経費】
共同施業型、経営委託型に加え、現地立会等に係る経費を支援
不在村者への働きかけ等1haあたり14,000円以内
【境界情報の確定】
不在村者の現地立会等の取組と併せて行う境界の確定を支援
不在村者森林の境界画定1haあたり17,000円以内

 

2.施業集約化の促進

 ○活動内容:集約化して間伐を行うために必要な各種調査、境界の確認、説明会や戸別訪問を通じた施業への合意取り付けなどの活動

 ○対象森林:森林経営計画の作成されている森林または特定間伐等促進計画の対象とする森林のうち集約化実施計画の対象とする森林

 ○交付金額:集約化間伐を実施する森林1haあたり

 46,000円以内(境界確認あり)、30,000円以内(境界確認なし)

 

3.森林経営計画・施業集約化に向けた条件整備

 ○活動内容:施業集約化を進める上で重要となる既存路網の簡易な改良

 ○対象森林:森林整備地域活動支援交付金の「森林経営計画作成促進」又は「施業集約化の促進」協定を締結した森林

 ○対象路網:対象森林内に存する路網及び対象森林に到達するまでの路網

 ○交付金額
・森林経営計画の対象とされていない森林1haあたり5,000円以内
・森林軽軽計画の対象とされている森林1haあたり6,000円以内
・森林経営計画の対象森林が林班面積の1/2以上を占める森林1haあたり10,000円以内
※対象森林とは「森林経営計画作成促進」又は「施業集約化の促進」の協定を締結した森林