ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ぎふの木で家づくり支援事業について(トップページ)

岐阜県では、住宅を新築または改修する際、岐阜県産材を構造材または内装材に一定量以上使用した施主に最大32万円の助成を行っています。

 

家づくりチラシ

 

重要なお知らせ

事業Q&A(平成30年度版)を公開しました。(H30.4.20)

事業内容に関してよくある質問等をまとめました。申請する際の参考にしてください。

・新築される方(県内新築タイプ、県外新築タイプ)

Q&A(PDF:1.99MB)ver1.0

 

・リフォームされる方(県内改修タイプ)

Q&A(PDF:1.62MB)ver1.0

 

平成30年度の申請受付を開始しました。(H30.4.10)

申請枠登録期間】平成30年4月10日~平成30年8月31日

※建築確認済証交付日(建築工事届提出日)から工事完了日までの間に申込みが可能です。

 

【補助住宅申請期間】平成30年4月10日~平成31年1月31日

工事完了から60日以内に申請して下さい。

 

平成30年度の事業内容を掲載しました。(H30.3.28)

平成30年度から申請時期、申請書の様式等が変更になりましたのでご注意ください。

ご不明な点は、県庁県産材流通課またはお近くの農林事務所までお問い合わせください。

※昨年度からの主な変更点はコチラ

 

現在の応募状況(平成30年4月19日現在)

申請枠登録受付一覧

 

県内新築タイプ

(構造材)

募集

棟数

応募状況

残り

棟数

備考

申請数

220棟 33棟 187棟
10棟 3棟 7棟 移住定住者向け

(内装材)

募集

棟数

応募状況

残り

棟数

備考

申請数

93棟 13棟 80棟
3棟

2棟

1棟 移住定住者向け

 

県外新築タイプ

募集

棟数

応募状況

残り

棟数

申請数

40棟 8棟 32棟

 

県内改修タイプ

募集

棟数

応募状況

残り

棟数

備考
申請数
22棟 1棟 21棟
3棟 1棟 2棟 移住定住者向け

 

ぎふの木でローン支援制度

募集

棟数

応募状況

残り

棟数

申請数
100棟 0棟 100棟

 

※県内新築タイプ、県外新築タイプの申請数には申請枠登録申込数も含みます。

 

具体的な支援事業(詳しくはこちらをご覧ください)

◆新築住宅の助成

県内または県外に木造戸建て住宅を新築する方が対象です。

県内新築タイプ

県外新築タイプ

 

◆住宅の内装改修の助成

県内の既存住宅の改修を行う方が対象です。

県内改修タイプ

 

◆住宅のローン支援

岐阜・愛知・三重県内に木造戸建て住宅を新築する方が対象です。

ローン支援事業

 

※他の補助金や利子補給との併用に関して

原則、国や県が実施する住宅や施設に関する他の補助金や利子補給を受けていないことが条件となります。

ただし、併用が可能な補助事業もありますので、他の補助事業との併用を検討されている方は県産材流通課までお問い合わせください。

 

■併用ができない補助事業(事例)

・地域型住宅グリーン化事業の地域材加算

・岐阜県住宅資金助成制度(利子補給)

・市町村が国や県の補助金を活用して実施する住宅や施設に関する支援制度など

 

■併用が可能な岐阜県の補助事業

ぎふ省エネ住宅建設支援事業費補助金(住宅課HP)

・空き家活用支援事業費補助金(当該補助金の交付対象経費から、ぎふの木で家づくり支援事業費補助金の額を減額する場合、併用可能)

 

関連リンク

「ぎふの木で家づくり協力工務店」について

県が認定した、県産材を使った住宅の建設に取り組む工務店です。

 

◆詳しくは、下記のページをご覧ください。

・ぎふの木で家づくり協力工務店

 

「木造住宅アドバイザー」「木造住宅相談員」について

 県産材を活用した木造住宅に関する相談・要望に応えることのできる建築士を「木造住宅アドバイザー」、県産材住宅に関する相談に対応できる工務店・設計事務所の営業担当者等を「木造住宅相談員」として認定しています。

 

◆詳しくは、下記のページをご覧ください。

木造住宅アドバイザー(建築士)

木造住宅相談員(営業担当者)

 

 

「ぎふの木づかい施設設計支援事業」について

岐阜県産材を一定量以上使用した施設(商業・観光・医療施設等)を設計した県内の建築事務所や工務店に対し助成します。

 

■平成30年度受付状況(H30.4.10現在)

募集

棟数

申請数

残り

棟数

5棟 0棟 5棟

 

◆詳しくは、下記のページをご覧ください。

 ・ぎふの木づかい施設設計支援事業