ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ぎふの木で家づくりローン支援制度について

 当制度は、岐阜・愛知・三重県内で木造戸建て住宅を新築する方を対象に、協力金融機関が取り扱う住宅ローンにおいて金利優遇を受けることができます。ぎふの木で家づくり支援事業(県内新築タイプ県外新築タイプ)と併用が可能です。

 

 

事業の詳細(ぎふの木でローン支援制度)

◆注意点◆

※当事業は、上棟前に申請をする必要があります。

 

◆事業の流れ◆

ローン(併用)フロー図

 

ローン<併用無>フロー図

 

1.事業の概要

 県産材を一定量使用した住宅を新築する場合、県と連携する協力金融機関が取り扱う一部住宅ローンにおいて、金利優遇を受けることができる制度です。ぎふの木で家づくり支援事業(県内新築タイプ県外新築タイプ)の要件を満たしている場合、併用が可能です。

 

■平成30年度協力金融機関(金融機関コード順)
大垣共立銀行、十六銀行、岐阜信用金庫、大垣西濃信用金庫、東濃信用金庫、関信用金庫

 

■対象住宅ローン

1.長期固定金利住宅ローン(フラット35,35S等)

(適用金利)店頭基準金利より全利用期間年マイナス0.2%
※店頭基準金利が「手数料定額(金利標準)タイプ」と「手数料定率(金利引下)タイプ」に分かれている場合、「手数料定額(金利標準)タイプ」の金利が適用されます。

 

2.「岐阜県産材使用が条件」となる住宅ローン

(適用金利)取扱い協力金融機関が定める金利をマイナス

※「岐阜県産材が使用が条件となる住宅ローン」は、協力金融機関のうち、大垣共立銀行、十六銀行、東濃信用金庫で取扱っています。金利等の詳細は各金融機関にお問い合わせください。

 

2.補助対象者・補助対象住宅

■補助対象者

3月末までに県産材使用状況が確認できる住宅を新築する施主

 

■補助対象住宅

申請する住宅は、下記の要件をすべて満たす必要があります。

・岐阜、愛知、三重県内に新築する、自らまたは家族が居住する一戸建て木造住宅であること

・申請する住宅が下記の木材使用要件を満たしていること

「ぎふ性能表示材」を構造材※1に80%以上かつ横架材※2に6m3以上使用

※1構造材:土台、束、大引、柱、梁、桁、胴差、母屋、棟木、隅木

※2横架材:梁、桁、胴差、母屋、棟木、隅木

 

3.補助予定棟数

100棟(先着順)

※全ての協力金融機関の合計棟数です。

4.申請期間

【申請期間】平成30年4月2日(月)~平成31年3月16日(金)まで

上棟直前までに申請が必要です。

家づくり支援事業とは申請時期・受付期間が異なりますのでご注意ください。

 

5.申請する際に必要な提出書類

◆上棟前に提出

ぎふの木の家事前登録申請書(様式第1号)(Word:38KB)

 

※以下、家づくり支援事業を併用しない場合

◆上棟後に提出

県産材使用確認申請書(様式第5号)(Word:31KB)

(添付書類)

木材使用量計算書(Excel:40KB)

・建築確認済証の写し(建築確認が必要でない地域は建築工事届の写し)

・建築場所の位置図と住宅の各階平面図

・「ぎふ性能表示材」であることを証明する伝票等の写し

 

◆提出先

岐阜県庁県産材流通課消費対策係

〒500-8570

岐阜市薮田南2-1-1

※受付時間8:30~17:00(昼12:00~13:00除く)

 

その他様式・根拠法令

<その他様式>

・事前登録を辞退する→辞退届(様式第4号)(Word:28KB)

 

<根拠法令>

「ぎふの木でローン支援制度」実施要領(PDF:164KB)

「ぎふの木の家」登録要領(PDF:130KB)

「ぎふの木の家」登録要領(様式)(Word:185KB)

 

問い合わせ先

担当所属 県産材流通課消費対策係
電話

直通:058-272-8487
内線:3016

FAX 058-278-2705
E-mail c11545@pref.gifu.lg.jp