ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

後継者等就農給付金事業の概要

事業趣旨

 岐阜県では就農相談から研修、営農定着までの総合的な支援を展開する一貫として、農業次世代人材投資事業の対象とならない就農前の研修段階及び就農直後の経営確立を支援する後継者等就農給付金を給付し、新規就農者の育成確保を図ります。

 

事業実施主体

 市町村が実施主体となって給付しています。

 

事業内容

 1準備型

 ・対象者:55才未満で就農に向けて研修に専念する者

 ・給付要件:農業次世代人材投資事業(準備型)に準ずる(ただし経営継承時のリスク要件・農地要件は不要)

 ・給付額:100万円以内(1回限り)

 

 2経営開始型

 (1)独立自営就農タイプ

 ・対象者:18歳以上55歳未満で新規就農してから1年経過していない者。

 ・給付要件:農業次世代人材投資事業(経営開始型)に準ずる(ただし経営継承時のリスク要件・農地要件は不要)

 ・給付額:100万円以内(1回限り)

 

 (2)親元就農タイプ

 ・対象者:18歳以上55歳未満で親元就農してから1年経過していない者。

 ・給付要件

 :親又は祖父母いずれかが、認定農業者であること

 :親又は祖父母いずれかと、給付対象者が、人・農地プランに位置付けられていること

 :給付対象者が専従者給与を受給していること

 :家族経営協定を締結していること等

 ・給付額:100万円以内(1回限り)

 

3定年帰農型

 ・対象者:55歳以上60歳未満で新規就農してから1年経過していない者。

 ・給付要件:農業次世代人材投資事業(経営開始型)に準ずる(ただし経営継承時のリスク要件・農地要件は不要)

 ・給付額:50万円以内(1回限り)