ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

後継者等就農給付金事業の概要

事業趣旨

 農業次世代人材投資資金を受給できない45歳以上55歳未満の新規就農者、及び農業次世代人材投資資金を受給していない18歳以上55歳未満の農業後継者を対象に、給付金を年100万円以内で給付します。なお、給付期間は1年に限定します。

 

事業実施主体

 市町村が実施主体となって給付しています。

 

事業内容

 1経営開始型(中高年向け給付金)

 ・対象者:45歳以上55歳未満で新規就農してから1年経過していない者

 ・給付要件:農業次世代人材投資事業に準ずる

 

 2経営開始型(後継者向け給付金親元就農タイプ)

 ・対象者:18歳以上55歳未満の農業後継者で親元就農してから1年経過していない者。

 ・給付要件:親又は祖父母いずれかが、認定農業者であること

 親又は祖父母いずれかと、給付対象者が、人・農地プランに位置付けられていること

 給付対象者が専従者給与を受給していること、又は、親又は祖父母が経営する一戸一法人

 (原則として世帯員のみで構成される法人)の共同経営者となること

 家族経営協定を締結していること等

 

3経営開始型(後継者向け給付金自営就農・部門経営タイプ)

 ・対象者:18歳以上55歳未満の農業後継者で農業経営を開始してから1年経過していない者。

 ・給付要件:認定新規就農者であること

 自分名義で出荷・取引すること

 自分名義で通帳等を管理すること

 親又は祖父母いずれかが、認定農業者であること

 親又は祖父母いずれかと、給付対象者が、人・農地プランに位置付けられていること等