ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県の集落営農の推進について

今、『集落営農』が必要な理由

・現在、中山間地域では、農業従事者の減少と高齢化、また米価の低迷等により、米づくりを続けることが年々難しい状況となっています。
・今後、人口減少が一層進行することが予想されるため、ますます農村環境の悪化や集落コミュニティの維持が困難になる等、地域農業の衰退が懸念されます。
・そのような中で、担い手不足が深刻な中山間地域においては、『集落営農』による生産体制づくりを進めることが重要となります。

『集落営農』とは~集落のみんなで助け合って営農活動を行うこと~

・集落内には、専業農家や定年帰農者、サラリーマン、女性・高齢者、移住・定住者など、さまざまな人が暮らしています。
・集落の多様な人材の知恵と力を結集すれば、個人では解決できない問題も道は開けていくものです。

『集落営農』のメリット

Ο米づくりを効率的に行うことが可能~損をしない営農が可能になる~
Ο農地を共同管理することで、農地の荒廃を防ぐことができます。
Ο農産物加工等新たなチャレンジが可能となります。
Ο集落の活性化につながります~集落営農活動を通して集落の‘絆’が深まります~ 

『集落営農』の推進方法

・『集落営農』の推進する上でのポイントは、集落の課題や将来について膝を突き合わせて議論を重ね、集落の将来ビジョンを作成すること。
・『集落営農』の取組形態は多様であり、地域の実情に応じて皆が合意できる形から始めることが重要。(まずは取組をスタートさせることが必要)
・取組みがスタートすれば、地域の実態に応じて活動をステップアップさせていく。

 

参考資料

Ο集落営農パンフレット(『集落営農』に取組もう!)(4MB)

Ο集落営農マニュアル(岐阜県集落営農推進マニュアル)(21MB)