ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県の鳥獣害対策【農村振興課】

最終更新日: 2017年12月13日



わな捕獲技術向上研修会の参加者を募集しています。

 →詳しくはこちら

 

 

 

 

岐阜県の農作物鳥獣被害状況

  • 岐阜県の平成28年度農作物鳥獣被害額は約2億8千万円となっています。

 野生鳥獣による農作物被害額の推移

被害額

 

 

  • 鳥獣別にはイノシシ被害が最も多く、続いてシカ、サルの順となっています。
  • 中濃圏域、西濃圏域、飛騨圏域の中山間地に被害が多くなっています。

 

獣種別圏域別

 

 

 

事業の紹介

「ドローンを活用した鳥獣害対策について考える研究会」を立ち上げました

 鳥獣害対策における「ドローン」の可能性を探り、現場での活用を検討するため、鳥獣害対策に関わる県職員や市町村職員、関係機関による研究会を新たに立ち上げました。

詳しくは、こちら


平成29年度わな捕獲技術向上研修会

狩猟免許(わな猟)所持者を対象に「くくりわな」及び「箱わな」による効果的な捕獲技法の習得を目的とした研修会を開催します。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

岐阜県鳥獣被害対策本部

  • 野生鳥獣による人身被害の防止や農林水産業被害の軽減等を図るため、情報の収集、
    共有を進め、全庁的な施策を協議する岐阜県鳥獣被害対策本部(本部長:知事)を
    平成23年1月25日に設置しました。
    岐阜県鳥獣被害対策本部設置要綱(PDF:152KB)

  

本部員会議の開催状況についてはこちら

 

県の取り組み

被害対策の普及・啓発

鳥獣被害対策の手引き 集落ぐるみで取り組む被害対策や猪鹿無猿柵などについて

 ポイントをまとめたパンフレットを作成し
県内農業者に行き渡るように、市町村と連携して配布しました。

 鳥獣被害対策の手引き(平成24年10月作成、PDF:5.8MB)

 

 

<参考>過去に作成したパンフレット
農作物鳥獣害対策マニュアル(平成21年3月作成、PDF:2MB)

  • 県職員出前トーク制度を通じて、農業者組織の会合等で被害対策をお話ししています。
  • 既に効果が認められている各種防護柵を展示して、設置のポイントを解説しています。
    展示場:岐阜県農業大学校(可児市)見学の際は大学校総務課に一言お申し出ください。

 

重点支援地区での防護推進

  • 鳥獣被害対策では、被害農家が個々に対策を行っても地域全体の被害が減らず、費用対効果も
    上がらないことから、県では地域ぐるみによる対策の普及・推進を図っています。
  • 平成23年度には、地域ぐるみでの対策のモデル地区として、県内12ヶ所に重点支援地区を設置し、
    近隣集落や市町村を集めての柵の設置研修や、箱わなの設置、また周辺林地の間伐などを実施しました。
  • 平成24年度及び25年度も、10地区で同様の取組を実施しました。

 ○平成23年度重点支援地区(PDF:92KB)

 ○平成24年度重点支援地区(PDF:91KB)

 ○平成25年度重点支援地区(PDF:84KB)

 

カワウによる漁業被害防止対策

・カワウによる内水面漁業への被害軽減を目指し、県内での生息状況調査及び追い払い等に取り組んでいます。

※補助事業についてのお問い合わせは、農村振興課鳥獣害対策室までお願いします。

 

カワウカワウコロニー

左:カワウ・右:カワウのコロニー

 

県内のカワウの現状と最新の知見を踏まえ、新たな対策手法の導入並びに関係者間の連携体制を取り入れた

「カワウ被害対策指針」を策定しました。

 

岐阜県カワウ被害対策指針のページはこちら

 

人材育成

  • 基礎、実践、専門的な鳥獣別対策までレベル別に研修会を開催したり、国の研修に県職員を派遣する
    などして、現地で指導にあたる人材(相談員)の育成を進めています。
    相談員講座

技術開発

  • 地域全体の鳥獣被害を減らすために、地域住民が一体となって取組むモデル的な
    鳥獣害対策を支援し、効果を実証しています。
  • イノシシ、シカ、サル等の多獣種に対応する岐阜県型の総合獣害防止柵を開発しました。

 猪鹿鳥無猿柵(いのしかちょうむえんさく)資料(PDF:1,301KB)
猪鹿無猿柵

 

<過去の資料>
猪鹿無猿柵(いのしかむえんさく)資料(PDF:890KB)

防護柵の設置助成(補助事業)

  • 市町村等が実施する集落ぐるみの防護柵設置を支援しています。

 

 

県内市町村の取り組み



 

農作物鳥獣被害相談窓口

  • 野生鳥獣による農作物被害でお困りの農家の方等からのご相談を受け付けていますので、ご利用ください。
  • また各農林事務所には鳥獣被害対策専門指導員が配置されており、各地域の状況に応じた対策指導や集落の合意形成のサポート、
  • 研修会等を実施しております。
相談窓口 電話番号 受付時間
県庁 農政部農村振興課 058-272-8422(直通) 月曜日から金曜日
(祝日、年末年始を除く)
8:30から17:15
岐阜地域 岐阜農林事務所農業振興課 058-277-1111(代表)
西濃地域 西濃農林事務所農業振興課 0584-73-1111(代表)
揖斐地域 揖斐農林事務所農業振興課 0585-23-1111(代表)
中濃地域 中濃農林事務所農業振興課 0575-33-4011(代表)
郡上地域 郡上農林事務所農業振興課 0575-67-1111(代表)
可茂地域 可茂農林事務所農業振興課 0574-25-3111(代表)
東濃地域 東濃農林事務所農業振興課 0572-23-1111(代表)
恵那地域 恵那農林事務所農業振興課 0573-26-1111(代表)
下呂地域 下呂農林事務所農業振興課 0576-52-3111(代表)
飛騨地域 飛騨農林事務所農業振興課 0577-33-1111(代表)

おすすめリンク

鳥獣被害は全国で深刻な問題となっており、県内外に関わらず各地で素晴らしいマニュアル等が作成されています。

どれも素晴らしい内容です。ぜひ皆さまの対策にお役立てください。

 

リンク集はこちら

わな捕獲技術向上研修会の参加者を募集しています。