ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成18年岐阜県観光レクリエーション動態調査結果

調査結果概要

平成18年の観光入り込み客数は、50,369千人(対前年比△0.5%)となった。これは、愛・地球博の開催による好影響を受けた平成17年との比較では微減したが、減少幅は0.5%に留まり、昨年と同様に年間5,000万人台の水準となった。

うち宿泊客数は、愛・地球博の反動が大きかった岐阜圏域を中心に、県全体で対前年比5.5%減少の4,330千人であったが、博覧会前年のH16との比較では2.4%の増加であり、博覧会の開催を契機に宿泊を伴う観光旅行の増加がみられた。

外国人宿泊客数についても、昨年と比べ全体では減少したが、飛騨圏域では122千人と増加が続き、ビジットジャパンキャンペーンが始まった平成15年と比べ3倍以上と順調に推移している。

詳しくはこちらをご覧ください。「概要(PDF:48KB)」

 

調査結果表

平成18年の調査結果表はこちらをご覧ください。「結果表(エクセル:264KB)」

 

問い合わせ先

観光企画課観光企画係
電話:058-272-1111内線3058