ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

学校・家庭・地域連携協力推進事業について

放課後子ども総合プランの概要

 平成19年度から小学校区ごとに放課後等の子どもの安全で健やかな活動場所を確保するため、「放課後子ども教室推進事業」(文部科学省)と「放課後児童健全育成事業」(厚生労働省)を一体的あるいは連携して実施する総合的な放課後対策(放課後子どもプラン)を実施しています。

 

◇放課後子ども総合プランの概要図(PDF:584kb)

 

放課後子ども総合プラン等推進にかかる研修会について

・子どもたちの放課後等の安全・安心な居場所づくりを進め、保護者と地域住民の力を結集して地域全体で子どもを守り育てる環境整備等を進めていけるよう、放課後子ども総合プラン等に関わる市町村担当者及び従事者に対して指導力・危機管理能力等の向上を図る研修会を、県が主催して行っています。

◇平成25年度

◇平成26年度

◇平成27年度

◇平成28年度

 

放課後児童クラブについて

・児童福祉法第6条の3第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない児童(小学校に就学している児童)に対し、放課後や長期休業日等に、小学校の余裕教室、児童館等を利用して適切な遊びや指導を行い、その健全な育成を図るものです。

◇放課後児童クラブのページへ

 

放課後子ども教室について

・すべての子どもを対象として、放課後や週末等に小学校の余裕教室等を活用し、安全・安心な子どもの居場所を設け、地域の方々の参画を得て子どもたちに勉強やスポーツ・文化芸術活動、地域住民との交流活動等の機会を提供することにより、子どもたちが地域社会の中で、心豊かで健やかに育まれる環境づくりを推進します。

◇放課後子ども教室のページへ

 

土曜日の教育活動について

・すべての子どもたちの土曜日の教育活動の充実のため、地域の多様な経験や技能を持つ人材・企業等の協力により、土曜日に体系的・継続的なプログラムを企画・実施する取組を支援し、教育支援体制等の構築を図ります。

◇土曜日の教育活動のページへ

 

地域未来塾について

・家庭での学習が困難であったり、学習習慣が充分に身についていなかったりする子どもたちの学力を向上させることを目的に、地域と学校の連携・協働による学習支援を推進します。

◇地域未来塾のページへ