ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

働きたい!応援団ぎふ

働きたい!応援団ぎふ

職業教育の充実

 

「働きたい!応援団ぎふ」

働きたい!応援団ぎふロゴ

〈ロゴマークのコンセプト〉
特別支援学校高等部卒業後、「地域で働き、地域に貢献したい」という生徒の強い思いや何事にも前向きに取り組み、働く力を高めていこうとする姿を岐阜県の"G"で表現しています。

air jyuuroku matuoka seseragi

サポーター企業一覧

≪≪平成29年4月28日現在761社に登録いただいています≫≫

 

平成29年4月28日10社の企業に登録いただきました

※登録証の交付は、県教育委員会または特別支援学校が企業を訪問して行うこととしています。

 

◇サポーター企業に、ご協力いただいている取組内容を紹介させていただいています。

(1)【登録番号001-100】(2)【登録番号101-200】(3)【登録番号201-300】(4)【登録番号301-400】 
(5)【登録番号401-500】(6)【登録番号501-600】(7)【登録番号601-700】(8)【登録番号701-】のページからご覧いただけます。

このページの先頭へ

 

「働きたい!応援団ぎふ」推進企業表彰

「働きたい!応援団ぎふ」サポーター企業で、3年間継続して、表彰項目のいずれかに該当する企業に「平成28年度第33回岐阜県障がい児・者の教育と福祉振興大会並びに岐阜県特別支援学校PTA研修大会」の開会式において、下記のとおり教育長から感謝状を授与しました。

 

(1)日時: 平成28年10月14日(金)午前10時から午前11時05分 感謝状贈呈
(2)場所:

大垣市スイトピアセンター文化会館文化ホール

大垣市室本町5丁目51番地

(3)表彰企業:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初表彰の企業

医療法人香徳会介護老人保健施設太陽苑

大同メタル工業株式会社

社会福祉法人岐阜県福祉事業団清流園

サンエス株式会社

株式会社ジェイビー・テクノ

株式会社青山製作所製造本部可児工場

6年間継続して表彰項目に該当した

2回目表彰の企業

生活協同組合コープぎふ

株式会社バローホールディングス

株式会社大垣共立銀行

農業生産法人わかば農園株式会社

株式会社セリア

イオンリテール株式会社東海・長野カンパニー

平成28年度応援団推進企業表彰

 ◇過去の「働きたい!応援団ぎふ」推進企業表彰

「働きたい!応援団ぎふ」表彰項目と基準

(1)年間30日以上、就業体験・企業内作業学習を実施

(2)年間8日以上、校内作業学習における技術指導を実施

(3)特別支援学校高等部卒業生を1人以上雇用

(4)特別支援学校の職業教育、就労支援に関して、特に顕著な取組を実施

 ◇「働きたい!応援団ぎふ」推進企業表彰要領(PDF:82.7KB)

 このページの先頭へ

レポート「働きたい!応援団ぎふ」

毎年度末に発行し、サポーター企業の取組内容を紹介しています。
No.5(平成28年)No.4(平成27年)No.3(平成26年)No.2(平成25年)No.1(平成24年)

このページの先頭へ

 

就労推進の取組状況(卒業生の雇用状況)

◇就労推進の取組状況(卒業生の雇用状況)

平成27年度卒業生平成26年度卒業生平成25年度卒業生平成24年度卒業生平成23年度卒業生平成22年度卒業生

このページの先頭へ

 

「働きたい!応援団ぎふ」サポーター企業を募集しています

 特別支援学校には、高等部卒業後、一般企業等に就職して、自立したいと考えている生徒がたくさんいます。地域で働き、地域に貢献することができる人材を育成するため、学校と企業が一体となって就労支援を進めていきたいと考えています。

◇事業の概要
パンフレットダウンロード(PDF:696KBPDF:732KB

◇実施要項ダウンロード
・実施要項(PDF:119KB)・様式第1号(PDF:120.3KB)・様式第2号(PDF:50KB
・様式第3号(PDF:60KB)・様式第4号(PDF:38KB

◇参加申込書ダウンロード様式第1号(第4条第2項関係)
・PDFファイル(119KB)・ワードファイル(41KB

◇変更届出書ダウンロード様式第4号(第7条関係)
・PDFファイル(37KB)・ワードファイル(35KB

このページの先頭へ

 

岐阜県版デュアルシステム

特別支援学校高等部卒業後の社会的自立に必要となる「働く力」を育成するための就労支援システムの構築を進めています。

岐阜県版デュアルシステムについて

このページの先頭へ

 

 

職業教育の充実

校内作業学習の製品紹介

 「働く力」を育成するために各特別支援学校高等部では、校内作業学習を行っています。校内作業学習の中で、作業製品を製作し、作業製品バザー等で販売しています。

特別支援学校作業製品統一ブランド「GHOPES」製品紹介

各学校の紹介内容についてはこちら

岐阜本巣特別支援学校・岐阜城北高等学校がコラボ商品を販売(平成24年11月)

このページの先頭へ

 

職業教育プログラムの研究開発

 高等部における職業教育の充実及び高等特別支援学校の整備に向け、軽度知的障がいを対象とした教育プログラムの研究に取り組んでいます。

「特別支援学校作業マニュアル福祉サービス基礎」が完成しました(平成27年2月2日)

「特別支援学校作業マニュアル喫茶サービス基礎」が完成しました(平成26年2月17日)

「特別支援学校作業マニュアルビルクリーニング基礎」が完成しました(平成25年2月18日)

このページの先頭へ

 

岐阜県特別支援教育キャリアアップ推進会議

 卒業後、企業等への就職を希望している生徒に対して、企業内作業学習の開発・導入や職業教育に特化した教育課程の編成等、社会的自立に向けた支援を行うための教育環境について検討を行っています。

推進会議の開催状況

このページの先頭へ

 

関係機関との連携

岐阜県ビルメンテナンス協会との協力協定

 ◇岐阜県ビルメンテナンス協会との取組

このページの先頭へ

岐阜大学応用生物科学部との連携

 ◇位山演習林での実習(下呂特別支援学校)

このページの先頭へ

岐阜県特別支援学校就労モデル事業

 ◇西美濃農業協同組合との取組

このページの先頭へ