ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

学校保健・学校給食

1学校保健の推進

 学校保健安全委員会の活性化や教職員の共通理解による組織的な学校保健安全の推進に努め、心身の健康を自ら管理できる児童生徒の育成をめざします。

健康相談の充実

○学校保健総合支援事業
学校保健に関するさまざまな課題に対して、学校と家庭、地域の保健機関が連携して解決にあたることができるよう、地域の学校保健支援チームに対し専門医等を講師として派遣することにより、地域の保健医療体制の構築を支援します。

薬物乱用防止教育の推進

薬物乱用の危険性や有害性について、児童生徒に正しい知識と態度を身につけさせるため、教職員等を対象とした研修会を開催し、指導者の資質の向上に取り組みます。

生活習慣病等の予防と管理の充実

県内の児童生徒の各種疾病状況の実態調査をはじめ、県医師会、県学校保健会と連携した学校検尿システムの構築や県歯科医師会、学校歯科医と連携した歯・口の健康つくりに関する指導を通して、児童生徒の疾病予防と管理の充実に取り組みます。

環境衛生

○学校環境衛生基準(外部サイト)

○学校環境衛生検査状況チェック票

○学校環境衛生検査計画例

○学校環境衛生検査票

 

シックハウス症候群、化学物質過敏症等の対応

岐阜県教育委員会では、各学校において、シックスクール問題や化学物質過敏症への理解を深めるとともに、適切に対応していただくためのマニュアルを平成20年4月に作成し啓発しています。また、本マニュアルを平成25年7月に改訂しました。
○シックハウス症候群等対応マニュアル等

○化学物質過敏症に関する調査結果の概要(岐阜県教育委員会)<PDF:89.5KB>

○香料の自粛をよびかけるポスター(施設名を入力して印刷してください)<Word:85.0KB>

○県有施設における病害虫等防除に関する基本方針について(岐阜県総務部管財課通知)<PDF:369.7KB>

○住宅地などでの農薬散布(リーフレット)(岐阜県農政部農産園芸課作成)<PDF:1024.9KB>

 

学校における食物アレルギー対応

岐阜県教育委員会では、食物アレルギーのある児童生徒等が安全・安心な学校生活を送ることができるよう、学校における食物アレルギー対応の手引きを作成しました。学校等における食物アレルギー対応の一層の充実に向けてご活用ください。

 〇学校における食物アレルギー対応の手引き(岐阜県教育委員会平成26年12月)<PDF:約40.2MB>

 〇学校における食物アレルギー対応の手引き「ヒヤリ・ハット事例集」(岐阜県教育委員会平成29年3月)<PDF:約2.31MB>

 

岐阜県教育委員会では、東京都の許諾を得て「東京都健康安全研究センター」が平成25年7月に作成した「食物アレルギー緊急時対応マニュアル」を改変し、岐阜県版マニュアルを作成しました。学校等における教職員研修などに積極的にご活用ください。

 ○食物アレルギー緊急時対応マニュアル(岐阜県教育委員会平成26年3月)<PDF:4874.7KB>

 

2学校における食育の推進

 学校・家庭・地域社会の連携を密にし、児童生徒に正しい食事のあり方や望ましい食習慣を身に付けさせ、自己管理能力を育成することをめざします。

食育の推進

スーパー食育スクール事業

 食育に関して、先進的、実践的な取組をする「スーパー食育スクール」を指定し、栄養教諭を中心に外部専門家を活用しながら、食育の推進を図ります。

H26SSS結果報告書(大和小)(PDF:430KB)

H27SSS結果報告書(北和中)(PDF:440KB)

H28SSS結果報告書(向陽中)(PDF:499KB)

○地域や生産者と連携を図った食育推進事業
 望ましい食習慣を形成するために地域や生産者との連携や農業体験を通した食育を推進します。

○栄養教諭・学校栄養職員研修会の開催
 栄養教諭・学校栄養職員の基礎的・専門的な知識及び技能の向上を図り、職務遂行の上で必要な力量と使命感を養うため、栄養教諭・学校栄養職員を対象に研修会を開催します。

学校給食の推進

○衛生管理の徹底
 学校給食の安全性を確保するため、給食施設、設備、食品、調理方法など学校給食に関わる衛生管理点検や検査を実施します。
「学校給食衛生管理基準」により、腸管出血性大腸菌O157やノロウィルス等による食中毒事故防止を徹底します。

○安全で安心な学校給食
 安全で安心して食べられる県内農産物や地域食材を、学校給食に安価に安定供給する取り組みを農政課(米・小麦粉・大豆・野菜・キノコ等)、畜産課(牛乳)と連携して進めています。

○栄養バランスのとれた学校給食
 児童生徒が栄養バランスのとれたおいしい給食が食べられるよう、県学校給食会との連携を図り、学校給食調理発表会の後援などにより、献立内容の工夫を行っています。

給食費の保護者負担の軽減

 県立学校の夜間定時制高校の夜食費を補助し、保護者や生徒の負担を軽減しています。