ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

北小木古窯跡群山茶碗1

遺跡名

北小木古窯跡群

所在地

多治見市北小木町

時代

中世

種類

山茶碗

出土状況

30号古窯跡廃棄土坑(SK1)

 

北小木古窯跡群山茶碗1北小木大谷洞30号古窯跡焚口の西隣に位置する廃棄土坑(SK1)より出土した山茶碗(白瓷系陶器)です。全体に深い造りで、器壁はかなり厚くなっています。なかでも下半分から底部にかけて非常に厚くつくられています。器形は胴部に張りをもつが、口縁部のすぐ下部に非常にはっきりした「くびれ」をもつのが特徴的です。

口径14.0cm
器高5.5cm
高台径6.0cm

 

 

 

 

 

 

遺物紹介へ戻る