ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

塚遺跡縄文土器4

遺跡名

塚遺跡

所在地

揖斐郡揖斐川町塚

時代

縄文時代

種類

縄文土器

出土状況

竪穴住居跡(SB2)

塚遺跡縄文土器4第2号竪穴住居跡を埋めていた土の中から出土しました。長く伸び上がるような把手が特徴的です。縄文時代中期後半に位置づけられる土器です。胴部の文様に、植物の葉の葉脈のような文様があります。葉脈状文と呼ばれ、北陸に分布の中心を置く土器型式(大杉谷式)の特徴を持っています。また、東海地方の島崎III式といわれる土器様式の要素も持っています。

 

 

 

 

 

 

遺物紹介へ戻る