ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県文化財保護センターの概要

1はじめに

 

自然豊かな私たちの郷土岐阜の各地には、何万年もの昔から多くの人々が暮らしてきた確かな足跡が数多く残っています。
一方、道路整備やダム工事などの開発が進められる結果、現状のままでは保存できない文化財もたくさんあります。
岐阜県文化財保護センターでは、このような国民的財産である埋蔵文化財を発掘調査などによって正しく記録し保存すると共に県民の皆様にその成果を広く公開し、また積極的に活用することにより、ふるさと岐阜の歴史と地域の埋蔵文化財に対する県民の皆様の理解と関心の向上に努めています。

 

2運営方針

 

(1)発掘調査

区分 内容
発掘作業 発掘調査のてびき(文化庁)及び埋蔵文化財発掘調査共通仕様書(岐阜県文化財保護センター)等に従って行います。
整理等作業

発掘調査のてびき(文化庁)及び埋蔵文化財発掘調査共通仕様書(岐阜県文化財保護センター)等に従って、出土

品の洗浄・注記、出土品の接合・拓本・実測、調査記録の整理等を行います。

報告書

発掘調査の結果を報告書として刊行します。

 

(2)普及活用

区分 内容
出前授業 職員が出土品やパネルを学校等へ持参し、遺跡や歴史についての授業を行います。

タイムスリッ

プ探検隊

小学校高学年の児童とその保護者を対象として、発掘作業等の体験学習を実施します。

総合教育セン

ター研修

教員研修の一環として、遺物や発掘調査の成果などを生かした授業づくりのための講座を開催します。

バックヤード

ツアー

発掘された埋蔵文化財の整理等作業などの見学や作業体験を通じて、センターの業務についての啓発を図ります。

発掘調査報告

市町村教育委員会等と連携し、県内で行われた埋蔵文化財発掘調査に関する成果を公開します。
現地見学会 発掘作業現場において見学会を開催します。
展示 センター本館、飛騨駐在事務所、県図書館などで出土品や写真・パネル等を展示します。

ホームページ

ホームページにセンターの活動内容を掲載し、埋蔵文化財に関する最新の関係情報を提供します。
年報 毎年度、発掘調査の成果を年報としてまとめ、関係機関へ配布します。

 

(3)研究・支援等

区分

内容

研究 県内の埋蔵文化財の研究を行い、研究紀要等で成果を公表します。

出土品等の

管理・貸出

出土品や関係資料等を適正に管理するとともに、貸し出しを行います。
調査支援

県内自治体等が実施する発掘調査において、助言や情報提供等を行います。

 

3調査実績(平成29年3月31日現在)

 

・調査遺跡数180遺跡
・調査面積693,848m2
・報告書138集
・出土遺物24,609箱

 

【これまでの主な発掘調査】

調査原因 遺跡 調査年度 主な遺跡
徳山ダム 23 3~18 戸入村平遺跡(藤橋)、塚奥山遺跡(藤橋)
東海北陸自動車道 3~9 西ヶ洞遺跡(白鳥)、勝更白山神社周辺遺跡(郡上)
東海環状自動車道 23 4~現在 柿田遺跡(可児・御嵩)、佐口遺跡(美濃加茂)、重竹遺跡(関)
荒尾南遺跡(大垣)
中部縦貫自動車道  4 13~現在 上岩野遺跡(清見)、赤保木遺跡(高山)、野内遺跡(高山)
県工業団地造成
・VRテクノジャパン
・ソフトピア
・関テクノハイランド

 

20

22

 

5~8

5~7

8~11

 

船山北遺跡(各務原)、船山北古墳群(各務原)
今宿遺跡(大垣)
砂行遺跡(関)、深橋前遺跡(関)、南青柳遺跡(関)

 

 

センターの位置

岐阜県文化財保護センター

センター外観写真

センター位置図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センター地図

 

 

 

飛騨駐在事務所

飛騨調査事務所の外観です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒506-2121高山市丹生川町坊方2109
TEL(0577)78-2212
FAX(0577)78-2213

 

 

 

飛騨位置図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛騨駐在事務所地図

 

 

 

調査ファイル

  • 文化財保護センターがこれまでに行った発掘調査の一覧です。

 

文化財保護センターへ戻る