ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成24年4月1日から「清流の国ぎふ森林・環境税」を導入しました

豊かな森林や清らかな河川が持つ公益的機能を将来にわたり享受できるよう、新たに行う森林・環境施策の財源として、平成24年4月1日から「清流の国ぎふ森林・環境税」を導入しました。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

清流の国ぎふ森林・環境税のしくみ

清流の国ぎふ森林・環境税は、個人・法人の県民税均等割に一定額を上乗せして納めていただきます。

 ・清流の国ぎふ森林・環境税条例(PDF:93kb)

PDFファイルをご利用の場合には、アドビ社が無償提供している「AdobeReader」をご自身のパソコンに組み込んでおく必要があります。

「AdobeReader」を必要とされる方は「GetAdobeReader」のボタンをクリックしてください。(外部サイト)GetAdobeReader

納税義務者

個人

(その年の1月1日現在で)

・県内に住所、家屋敷または事務所などを有している方

※次の1、2、3のいずれかに該当する方には課税されません。

 1生活保護法の規定による生活扶助を受けている方

 2障害者、未成年者、寡婦又は寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下の方

 3前年の合計所得金額が、市町村の条例で定める金額以下の方

法人

・県内に事務所、事業所などを有している法人等

 

 

税率

個人

年額1,000円

法人

均等割額の10% 相当額

資本金等の額

均等割額

10%相当額

50億円超

800,000円

80,000円

10億円超50億円以下

540,000円

54,000円

1億円超10億円以下

130,000円

13,000円

1千万円超1億円以下

50,000円

5,000円

1千万円以下

20,000円

2,000円

 

 

 

適用期間

個人

・平成24年度から平成28年度までの個人県民税に適用されます。

法人

・平成24年4月1日から平成29年3月31日までの間に開始する各事業年度の法人県民税に適用されます。

 ※一定期間を経た段階で施策の効果を検証し、必要に応じて見直しを行います。

 

 

納税方法

個人

・個人県民税に上乗せして納めていただきます(個人県民税は、個人市町村民税と合わせて市町村が徴収し、県に払い込みます)。

 ※給与所得者については、6月から翌年5月までの12回に分けて雇用主が給与から特別徴収して市町村に納めていただきます。

 ※4月1日現在、65歳以上の公的年金等の受給者については、4月から翌年2月までの6回に分けて公的年金等から引き落として(特別徴収)市町村に納めていただきます。

 ※個人事業者等(給与所得者又は公的年金等の受給者以外の者)については、原則として年4回の納期(6月、8月、10月、翌年1月)に分けて、市町村から送付される住民税の納税通知書により市町村へ納めていただきます。

法人

・法人県民税の申告納付の際に併せて県に納めていただきます。

 

 

基金の設置

税の使いみちを明確にするため、税収相当額を「清流の国ぎふ森林・環境基金」に積立て、目的とする施策のための財源として充当します。

 ・「清流の国ぎふ森林・環境税の使いみち」については、恵みの森づくり推進課のホームページへ

 ・清流の国ぎふ森林・環境基金条例(PDF:98kb)

 

 

お問い合わせ

税のしくみについて

総務部税務課

TEL:058-272-1153/FAX:058-271-3711

c11110@pref.gifu.lg.jp

税の使いみちについて

林政部恵みの森づくり推進課

TEL:058-272-8472/FAX:058-278-2702

c11513@pref.gifu.lg.jp