ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

生食用牛レバーの取扱いについて

牛レバー(肝臓)の内部から腸管出血性大腸菌が検出されたことが、報告されました。
このため、厚生労働省は、食品衛生法に基づき、平成24年7月から牛のレバーを生食用として販売・提供することを禁止することとしました。

営業者の方へ

・牛のレバーを調理する場合は、レバーの中心部まで十分に加熱しなければなりません。
・牛のレバーは「加熱用」として提供しなければなりません。
・客が自ら調理するため、加熱していない牛のレバーを提供する際には、中心部まで十分な加熱が必要である旨、案内をしなければなりません。

 ・掲示用リーフレット(飲食店用:318KB食肉販売店用:345KB

消費者の方へ

 ・牛のレバーはすべて加熱用です。必ず中心部まで加熱してから食べて下さい。
・生のレバーや肉とその他の料理とは、離して置き、調理器具も使い分けましょう。

 ・啓発用リーフレット(消費者用:169KB

 

問い合わせ先

所属 生活衛生課
電話 直通:058-272-8280
内線:2564