ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

景品表示法について

トピックス

食材の誤表示に関して業界団体への申し入れを行いました(平成25年11月7日)(224.5KB)

景品表示法の説明

景品表示法は、一般消費者の利益の保護のため、「過大な景品類」及び「不当な表示」を規制する法です。

 

 消費者なら、誰もがより良い商品・サービスを求めます。
ところが、実際よりも良く見せかける表示が行われたり、過大な景品類の提供が行われたりすると、それらにつられて消費者が実際には質の良くない商品・サービスを買ってしまい不利益を被るおそれがあります。

 このような不当表示や不当景品から一般消費者の利益を保護するための法律が「景品表示法(正式名称:不当景品類及び不当表示防止法)」です。景品表示法は、商品・サービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することなどにより、消費者のみなさんがより良い商品・サービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守ります。(消費者庁作成「景品表示法」より)

 景品表示法について、詳しくお知りになりたい方は次の消費者庁HPをご覧ください。

<参考>
 ・景品表示法について(外部サイトへの接続)

 ・景品表示法のガイドライン等について(外部サイトへの接続)

 ・よくある質問コーナー(外部サイトへの接続)