ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

チャイルドシートを必ず使用しましょう

 自動車の運転者は、6歳未満の幼児を乗車させる場合には、一定の免除事由に該当する場合を除き、その幼児にチャイルドシートを使用させなければならないこととされています。

 

子どもにチャイルドシートが必要な理由

 時速40kmで車が衝突した場合、乗員にかかるエネルギー
は、最大で体重の30倍になると言われています。体重10kg
の子どもを抱っこしている時に時速40kmで衝突すれば、子
どもは300kgの力で腕から飛び出すこととなり、とても人間の
力では支えられません。

 また、大人用のシートベルトは子どもの体格に合っていない
ため、ベルトが首やお腹にかかるなどして危険です。

 チャイルドシートの正しい使用で、大切なお子さんの命を守
りましょう。

 -

チャイルドシート着用推進
シンボルマーク「ガチャピョン」

チャイルドシートの種類

 チャイルドシートは、子どもの年齢や体格に応じて適正なものを使用しましょう。

 チャイルドシートを選ぶ際のチェックポイントは、こちら

 

乳児用チャイルドシートの写真 幼児用チャイルドシートの写真 学童用チャイルドシートの写真
乳児用シート
新生児〜1歳くらい
体重10kg未満用
幼児用シート
1歳〜4歳くらい
体重9〜18kg用
学童用シート
4歳〜10歳くらい
体重15〜36kg用