ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

施設・設備概要

施設概要

敷地面積37,130m2

名称

構造

階数

延面積

画像

事務棟

鉄筋

3階建

1,238.46m2

事務棟

総合訓練棟

鉄筋

地下1階

地上3階建

630.33m2

訓練搭&総合訓練棟

訓練搭

鉄筋

7層建

180.0m2

屋内訓練場

鉄筋

2階建

876.0m2

屋内訓練場

まとい寮

鉄筋

3階建

1,304.43m2

桜寮&まとい寮

桜寮

鉄筋

4階建

1,564.46m2

土砂災害訓練場 225.0m2 土砂災害訓練場の写真
CSR訓練場 414.0m2 CSR訓練場の写真

この他に、水防工法訓練用の堤、車庫、ヘリポートなどがあります。

また、同敷地に岐阜県広域防災センター及び防災備蓄庫があります。

 

見取図

消防学校敷地平面図

学校の設備

 消防学校には、様々な教育訓練を行うための設備が揃っています。

 以下のもの以外にも、いろいろな機材や道具がたくさんあり、日々の訓練に活用されています。

消防車両(一部)

車両名

画像

水槽付ポンプ車

水槽付ポンプ車の写真

ポンプ車

ポンプ車の写真

はしご車

はしご車の写真

救助工作車

救助工作車の写真
水槽車  水槽車の写真
指揮車  指揮車の写真

高規格救急車

高規格救急車の写真

 

消防資機材(一部)

資機

材名

解説

画像

三連

はしご

伸ばすことにより、高所に届くはしご
三連はしご

空気

呼吸器

煙の中でも呼吸ができるようにするための機材。訓練では実際に背負って火や煙の出ている部屋の中にも入ります。
空気呼吸器

防火衣

熱気の中でも活動できる衣服一式。写真は学校教官の衣服です。
防火衣

 ホース&筒先

消防車からこのホースと筒先を水が伝って放水されます。
ホース&筒先

訓練

人形

各種訓練に使用される人形です。人の代わりとして、ある時は火災の逃げ遅れの要救助者になったり、遭難者になったり、またある時はけが人になったりと大活躍します。
訓練人形