ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

広報・調査等交付金

事業概要

 広報・調査等交付金とは、地方自治体が行う原子力発電に係る知識の普及や住民の生活に及ぼす影響等に関する調査等を支援するために、経済産業省から原子力発電施設等立地地域の道県等に交付されている交付金です。

 瑞浪超深地層研究所は、放射性廃棄物を地層に安全に処理するための研究のうち、地下の環境や、地下深くでどのような現象が起きているかを研究する「地層科学研究」を行っています。この施設は「原子力発電と密接な関係を有する研究施設」として発電用施設周辺地域整備法施行令に位置付けられ、同交付金の対象施設となっています。

 岐阜県では、瑞浪超深地層研究所の所在する瑞浪市が、地域住民の安全確保を図ることを目的として実施する、環境測定事業に対して交付金を交付しています。

 

 

 

 1交付対象

 瑞浪超深地層研究所の所在する瑞浪市

 

 2交付スキーム

 交付金は間接交付金で国から県、県から市へ交付されます。

 

 3交付期間

 瑞浪超深地層研究所の施設使用終了年度まで。

 

 4交付対象事業

 原子力発電施設等の周辺住民の生活に及ぼす影響に関する調査

 原子力発電に関する知識の普及に資する施設の整備に関する事業

 温排水影響調査事業など