ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

写真の規格について

旅券の写真は自分自身を証明するための大変重要なものです。申請時に提出された写真がそのまま旅券に転写されますので、規格に合った鮮明な写真をお持ちください。

規格に合わない場合には、撮り直しをお願いすることがあります。

 

適切な写真の画像

  • 申請日前6カ月以内に撮影されたもの。
  • 申請者本人のみが撮影されたもの。カラー、白黒どちらでも可。
  • ふちなしで縦45ミリメートル、横35ミリメートル。

※あごから頭頂の寸法等の規定は左図参照。

  • 正面、無帽、無背景(影・柄のないこと)で、焦点が合い鮮明なもの。
  • 平常の顔貌と著しく異なったり、歯が必要以上に見えたりしていないもの。
  • サングラス、カラーコンタクトレンズは取り外すこと。
  • 顔や頭部の一部が隠れるもの(幅広のヘアバンド、大ぶりなイヤリング等)は不可。
  • 変色・傷・汚れのあるもの、変形等画像処理をしているもの、デジタル写真等で画質・画像の劣るものは不可。

※ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクのにじみ等がみられるものは不適当。

 

不適当な例(次の場合は受付できません)

フレームや証明の反射が目にかかっている写真 斜め向き、背景に影がある、笑顔など平常の顔貌と著しくことなる写真 顔の位置が片寄った写真 フレームが非常に太く目や顔を覆う面積の大きい写真 フレームや照明の反射が目にかかっている写真
前髪が目にかかっているもの、影で目元が暗くなっているもの 斜め向き、背景に影がある、笑顔など平常の顔貌と著しく異なるもの 顔の位置が片寄っているもの フレームが非常に太く目や顔を覆う面積の大きいもの フレームや照明の反射が目にかかっているもの
眼鏡を外して撮影しても差し支えありません

 

 

 

(参考)外務省ホームページ