ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

オオキンケイギクは「特定外来生物」です

 オオキンケイギクは近年、急速に広がりを見せており、在来の植物をおびやかしています。

ookinnkeigiku-1 道路沿いに自生するオオキンケイギクookinnkeigiku-2オオキンケイギクの花弁

「オオキンケイギク」とは?

 5月から7月頃にかけて、直径5cmから7cmの橙黄色の花をつけます。県内の道端や川原などでよく見かけます。オオキンケイギクは、日本の生態系に重大な影響を及ぼす恐れがある植物として、外来生物法により「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売、野外に放つことが禁止されています。

自宅に生えてきたらどうすればいいの?

 根から引き抜き、その場で拡げないように2,3日放置して枯死させた後、ビニール袋などに密閉して、燃えるゴミとして処理しましょう。

自治体や団体活動で大量に処分したい。

 種子がない時期に刈り取り、花や茎だけを移動するときは、規制はかかりません。

 また、根を引き抜いて枯死させた状態でも移動はできますが、拡散防止のため、ビニール袋に密封することをお勧めします。

 生きたまま種子や根を移動させることは、特定外来生物の防除確認・認定を受ける必要がありますので、中部地方環境事務所へお問い合わせください。

 

 中部地方環境事務所野生生物課

 TEL:052-955-2139

 〒460-0001名古屋市中区三の丸2-5-2

 

 オオキンケイギク以外で問題になっている植物はあるの?

 オオハンゴンソウ、オオカワラヂシャ、アレチウリ、オオフサモなどの特定外来生物が、県内に生息を広げています。

オオハンゴンソウ1 オオハンゴンソウ2

畑地や河川敷に自生するオオハンゴンソウ(下呂市提供)

 

7月から10月にかけて、道端、畑地、堤防などで咲き、周辺の在来植物の生息場所を奪ってしまいます。

アレチウリ1 アレチウリ2

荒地や原野に自生するアレチウリ(環境省ホームページ)

荒野や河川敷に自生し、周辺の在来植物の生息場所を奪ってしまいます。

県内の市町村での取り組み

 下呂市では、特定外来生物(植物)の目撃情報を募集しています。(下呂市環境部環境課)

 http://www.city.gero.lg.jp/gyousei/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=1428(外部サイト)

 飛騨市では、防除方法の情報提供を行っています。(飛騨市環境水道部環境課)

 http://www.city.hida.gifu.jp/b_shimin/2011/07/post_75.html(外部サイト)

本巣市では、防除方法の情報提供を行っています。(本巣市生活環境課)

 http://www.city.motosu.lg.jp/life/kankyou/tokuteigairaiseibutu/tokuteigairaiseibutu.html(外部サイト)

 

啓発資料

 自治会配布用チラシ【PDFファイル:164KB

 リンク

 外来生物法について詳しくお知りになりたい方は、環境省のホームページをご覧ください。

http://www.env.go.jp/nature/intro/(外部サイト)