ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「特定外来植物防除月間」行事とは

 

1目的

 県民の生物多様性保全意識の高揚、特定外来生物防除の推進、自然保護精神の涵養のため、「特定外来植物防除月間」において特定外来生物である植物の防除対策諸事業を展開する。

 

2期間、実施主体及び防除の対象

(1)期間

 6月1日から6月30日の間(環境省が定める「環境月間」と同一の時期とする。)

 ※この期間を標準とし、地域の実情に応じて適切な期間を選定して差し支えないものとする。

(2)実施主体

 岐阜県、県内各市町村

(3)防除の対象

 特定外来生物である植物


事業実施要領(PDF171kb)


4事業実績

 

 (1)平成28年度事業実績概要

 

 1防除月間に実施した活動(市町村)

 5市5町、人数のべ約2,000人、活動回数14回、活動場所1市、1町全域、15ヶ所、駆除植物オオキンケイギク

 

 2防除月間に実施した活動(県)

 揖斐総庁・中濃総庁・恵那総庁県職員、のべ約120人、駆除植物オオキンケイギク

 

 3広報等

 4市9町で、市町HP掲載、チラシ配布、会議等で啓発

 

 (2)平成28年度事業実績書(PDF154kb)

 
事業実施にご協力いただいた関係者の皆様にお礼を申し上げます。