ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

12月は大気汚染防止推進月間です。

 例年、12月は自動車交通量の増加、ビルや家庭の暖房の他、気象条件の影響等により、大気汚染物質濃度が高くなる傾向があります。

 環境省では、毎年12月を大気汚染防止推進月間として、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。

 この機会に大気汚染の防止について、みんなで考えてみましょう。

 

〇自転車や電車の使用を心がけましょう

 冬に空気が汚れる理由のひとつに、自動車交通量の増加があります。天気のいい日は出来るだけ自転車で出かけるなど、移動の際には、自転車や公共交通機関の使用を心がけましょう。

 

〇暖房の使用を控えましょう

 過度の暖房使用は空気が汚れる原因となります。暖房は室温20度で、重ね着などの工夫をウォームビズやウォームシェアで暖かな冬をお過ごし下さい。

  

〇エコドライブを実践してみましょう

 自動車に乗ってもいても環境のために出来ることがあります。
ふんわりアクセルeスタートから始めてみましょう!

リンク

 環境省HPhttp://www.env.go.jp/air/osen/gekkan/(外部サイト)