ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

核融合科学研究所関係

核融合科学研究所安全監視委員会

 平成26年11月1日、県と多治見市、瑞浪市及び土岐市は、協定書及び覚書に基づき、核融合科学研究所安全監視委員会を設置しました。

 核融合科学研究所安全監視委員会共同設置規約(PDF:139KB)

 核融合科学研究所安全監視委員会設置条例(岐阜県条例)(PDF:106KB)

 核融合科学研究所安全監視委員会の概要

 

 〇委員会の開催状況

 第5回核融合科学研究所安全監視委員会

 第4回核融合科学研究所安全監視委員会

 第3回核融合科学研究所安全監視委員会

 第2回核融合科学研究所安全監視委員会

 第1回核融合科学研究所安全監視委員会

 

 ○中性子及びトリチウム測定結果

 

委員会開催のお知らせ

 第6回核融合科学研究所安全監視委員会を以下のとおり開催します。

 

日時

平成29年11月1日(水)13時30分から15時30分まで
場所

多治見市役所駅北庁舎4階大ホール

(多治見市音羽町1丁目71番地の1)

審議事項

(1)大型ヘリカル装置(LHD)第19サイクル実験の実施結果等について

(2)中性子及びトリチウムの測定結果の比較検証について

 

(1)会議の傍聴について

 本会議は公開で行われ、10名まで会議を傍聴できます。

 先着順で受付を行いますので、会議当日13時00分から13時20分の間に受付を済ましてください。

 受付場所:多治見市役所駅北庁舎4階大ホール前

(2)希望者による発言について

 審議事項(2)に関して意見のある方は、事前に申し込みいただくことにより、2名まで((1)の傍聴者を除く。)会議に出席し、発言していただくことができます。(発言を希望される方はこちらをご覧ください)

 

「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定書及び覚書の締結」並びに「重水素実験開始の同意」について

 平成25年3月27日、県は、核融合科学研究所が行おうとする重水素実験について、すでに表明された地元3市(土岐市、多治見市及び瑞浪市)の決定を踏まえつつ、県独自に実験の安全性を専門家に確認した結果、県としても協定等の締結に参加し、実験開始に同意することとしました。

 核融合科学研究所との周辺環境の保全等に関する協定の締結及び重水素実験開始への同意について(平成25年3月22日付け、地元3市長から岐阜県知事あて文書)(PDF:239KB)

 専門家の意見聴取結果(PDF:290KB)

 平成25年3月28日、県は、地元3市(土岐市、多治見市及び瑞浪市)とともに、核融合科学研究所との間に「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定書」および「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する覚書」を締結しました。また、重水素実験の開始に同意しました。

 「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する協定書」(PDF:125KB)

 「核融合科学研究所周辺環境の保全等に関する覚書」(PDF:91KB)

 重水素実験の開始に係る「同意書」(PDF:27KB)

文章を入力してください