ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

PCB廃棄物関係

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性等の特性により、変圧器、コンデンサーなどに使用されましたが、昭和43年のカネミ油症事件を受け、昭和47年以降製造が中止されました。その後、平成13年にPCB特別措置法が成立し、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で高濃度PCB廃棄物の処理が行われています。

 

PCB廃棄物等に関する届出について

 「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「PCB特措法」という。)」が平成13年7月に制定され、国が中心となってPCB廃棄物の処理体制が整備されました。PCB廃棄物は、平成39年3月31日までにその処分を完了することとされておりましたが、平成28年5月にPCB特措法が改正され、高濃度PCB廃棄物は以下の処分期間が法定化されました。

(*当初規定された平成28年7月から延長となりました。H24.12.12改正)

 <岐阜県の処分期間>

 ・トランス・コンデンサー等:平成34年3月31日まで

 ・安定器・汚染物等:平成33年3月31日まで

 

 法の規定に基づき、PCB廃棄物の保管事業者は、都道府県知事へのPCB廃棄物の保管状況等の届出が義務付けられるとともに、その処分までの間PCB廃棄物を廃棄物処理法の保管基準を順守し適正に保管する必要があります。

PCB廃棄物の保管状況等の届出

PCB廃棄物の保管について

 

 PCB廃棄物の保管事業者の皆様には、PCB廃棄物の早期処分とその間の適正保管についてご協力をお願いします。

中間貯蔵・環境安全事業(JESCO)(外部サイト)処理対象のPCB廃棄物について、各事業所の計画的処理完了期限までに処分をお願いします。

●毎年、PCB廃棄物の漏えい、紛失事案が発生し、不適正な保管等による環境汚染が懸念されることから、漏えい等に関し問題意識を持ち、一層の適正保管をお願いします。

 

PCB使用照明器具をLED照明器具に交換する補助事業について

PCB使用照明器具をLED照明に交換する事業及び昭和52年3月以前に改修・建築された建物の調査に対する費用の補助の公募が始まりました。

●PCB使用照明器具をLED照明器具に交換する補助事業について

 

PCB使用安定器の掘り起こし調査について

PCB廃棄物等を保管する事業者は、毎年度PCB廃棄物等の保管状況の届出や処理期限が定められております。

しかし、PCBを含有する電気機器等を保有していることに気づかず、届出がされていない事業者も存在することから、県では、岐阜県内(岐阜市を除く)の事業者の皆様に対して掘り起こし調査を実施しております。

PCB使用安定器の掘り起こし調査の実施について

 

「岐阜県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」の改定について

 県では、「岐阜県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」を改定しました。

 岐阜県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画

 

岐阜県PCB処理推進連絡会について

県では、PCB廃棄物等の処理を推進するため、関係事業者団体と「岐阜県PCB処理推進連絡会」を開催しております。

PCB廃棄物等の処理について、広く普及啓発するため参加団体の拡充を行っております。

<開催実績>

平成28年12月20日平成28年度第1回岐阜県PCB処理推進連絡会

平成29年8月25日平成29年度第1回岐阜県PCB処理推進連絡会

平成30年2月27日平成29年度第2回岐阜県PCB処理推進連絡会

 

<資料等>

平成29年度第1回岐阜県PCB処理推進連絡会の配布資料・・・・PDF:1.53MB

 

連絡会について御質問等ございましたら、以下の連絡先までお問い合わせください。

<問い合わせ先>

産業廃棄物係TEL058-272-8217

FAX058-278-2607

 

講習会について

各業界団体の講習会及び研修会で、PCB廃棄物に関する説明等を行っております。

<電気保安講習会(平成30年6月(一財)電気保安協会開催)資料等>

PCB使用製品の適正処理に向けて・・・・PDF:1.97MB