ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

飼い主のいない猫(野良猫)で困っている方へ

トップページ】【イベント】【飼い主さん募集】【しつけ方教室】【センターの概要】【案内図】【関連リンク】【よくある質問】【あしあと


 

知っていますか?地域猫活動

飼い主のいない猫による問題対策として全国的に行われている『地域猫活動』について紹介します

地域猫写真

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊去勢手術の済んだ猫は、識別のために耳先がカットしてあります。

地域猫案内パンフレット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域猫活動について、パンフレットにまとめてあります。画像をクリックするとPDF(264kb)で開きます。

 

 

こんなことで困っていませんか?

迷惑を受けている人

家の軒先で子猫が生まれている

ゴミや畑が荒らされる

糞や尿をされて困る

鳴き声がうるさい

 

餌をやっている人

お腹を空かした猫を助けたい

増やさないように不妊去勢手術をしたいけど自分一人ではできない

外にいる猫は、病気や事故に遭うから心配

 

解決するために、地域猫活動が全国でも注目されています

地域で協力し、以下の活動を継続して実施することで、困っていることの解決を目指す方法を『地域猫活動』といいます

迷惑を受けている人と餌をやっている人の共通の願い『外にいる猫の問題を減らしたい』に着目した取り組みです

 

1.猫を増やさないために、不妊去勢手術をする

新たに子猫が生まれなくなるので、猫の数が増えなくなります

発情による猫同士のケンカや、鳴き声が少なくなります

 

2.糞尿の被害を減らすために、猫用トイレを設置する

トイレの場所を定めることで、庭などに糞尿をすることが少なくなります

 

3.給餌場所を決め、清掃・管理をする

お腹をすかせて、ゴミをあさることが少なくなります

 

地域猫活動の進め方(例)

活動は長期にわたるため、地域の実情に合った無理のないルールを定めることが大切です

地域ごとで、取り組み方は異なります

 

例:猫による被害で困っている自治会

1.情報収集

猫による被害は?(糞尿、鳴き声、子猫が増えるなど)

飼い主のいない猫に餌を与えている人はいるのか?

猫の数は?その性別は?

飼い猫か飼い主がいない猫かの判別は可能か(首輪、名札など)

 

2.地域猫活動を行うか自治会主体で決定(会議の開催)

猫による被害で困っている人や、猫の管理に反対な人も参加した話し合いで自治会として地域猫活動を行うかどうか決めます

実施が決まったら、回覧、掲示板などを利用し、自治会内での活動への理解を深めます

必要に応じて行政担当者も出席し、地域猫活動の解説などを行っています

 

3.活動のルール作り

自治会の実情に応じた継続可能な無理のないルールを作ります

目標(目的)を決める

トイレの設置(場所、清掃、担当など)

餌やり(場所、時間、担当など)

 

4.不妊去勢手術

飼い主のいない猫を保護し、不妊去勢手術をし、元の場所に戻します

 

5.その後の管理

自治会で決めたルールに基づき、目標に向けて餌やりやトイレの管理などを行います

随時、役割分担やローテーションなどのルールの見直しをしながら活動を継続することが重要です

 

動物愛護センターからの支援

地域での説明会への参加

自治会の話し合いに参加し、地域猫活動に関する説明を行います

また、活動を始めるための準備に使用するアンケート等の資料も提供できます

ご希望の方は、日程調整のため事前にご連絡下さい

 

不妊去勢手術

地域猫活動を行う自治会で飼い主のいない猫であることを確認した猫のみ、動物愛護センターで無料の不妊去勢手術を行います

(猫の保護、動物愛護センターへの運搬、元の場所に戻すのは自治会で行います)

不妊去勢手術を受けるには自治会からの申し込みが必要です

お住まいの自治会で相談の上、まずは電話にて動物愛護センターへご連絡下さい