ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

アニマルセラピー犬(動物介在活動犬)の育成・譲渡について

トップページ】【イベント】【飼い主さん募集】【しつけ方教室】【センターの概要】【案内図】【関連リンク】【よくある質問】【あしあと

 

 

動物介在活動犬育成・譲渡事業

現在、一部の医療・福祉施設等で「アニマルセラピー活動」が行われています。動物愛護センターでは、この活動が円滑に行われるための支援、普及を図ることを目的として、平成27年度より「動物介在活動犬育成事業」に取り組んでいます。

 

動物愛護センターで飼育している犬の中から、適性がある犬を動物介在活動犬(セラピー犬)として育成し、福祉施設もしくは、動物介在活動の実績がある団体等へ譲渡を行います。

 

育成

 

 

アニマルセラピーとは

一般的に、次の3つの総称を「アニマルセラピー」と表現しています。

 

1動物介在活動(AnimalAssistedActivity)

 老人福祉施設等へ動物と訪問し、動物とふれあうことにより情緒的な安定や精神的な癒しを含めた、日常生活での活力や生きがい、

 満足度の向上を期待する訪問活動。

 

2動物介在教育((AnimalAssistedEducation)

 教育現場や児童福祉施設等へ動物と訪問し、正しい動物との接し方を通じて子供たちの道徳観や精神的、人格的な成長を促す効果を

 期待する教育活動。

 

3動物介在療法(AnimalAssistedTherapy)

 医療現場等において、対象患者等に対して治療行為として動物を介在させ、精神的・機能的な向上等を期待する補助療法。

 

 

セラピー犬育成までの流れ

 

1セラピー犬に適した犬を選びます。

 ・過度なストレス行動はないか

 ・社交性は備わっているか

 ・健康状態は良好かなど

 

2候補に選ばれた犬の育成作業を行います。

 ・人に対する信頼関係の強化

 ・高齢者との散歩を想定した歩行訓練

 ・許容性の強化など

 

3実際に施設などを訪問し、利用者さんとのふれあい活動を行います。

 

4問題なく訓練に適応し、一定条件を満たせばセラピー犬と認定します。

訓練の様子

訪問活動の様子

 

譲り受けを希望する場合

1.動物愛護センターへ電話で御連絡ください。

2.後日、実際に活動犬と会っていただき、お話をうかがいます(譲受希望の理由や飼養方法など)。

3.センター職員が飼養施設(飼養場所)を訪問し、状況確認をします。

4.譲渡決定後、「犬の譲渡前講習会」を受講していただきます。

5.申請書類等を提出していただきます(譲渡手数料含む)。

※複数の施設・団体からお申し込みがあった場合、

 活動犬の安全性及び飼養管理方法等を考慮の上、最終決定します。

 

譲渡手数料

譲渡手数料:7,000円。(当センターで不妊又は去勢手術を行わない場合は2,000円)

手数料は、岐阜県収入証紙の貼付となります。

岐阜県収入証紙は、一部金融機関、総合庁舎、市役所などで取り扱っています。(※岐阜県動物愛護センターでは取り扱っていません。)

取扱い場所はこちらをご確認ください。

 

セラピー犬による訪問活動

動物愛護センターでは、セラピー犬の育成過程において、福祉施設等での訪問活動を行っています。

御協力いただける施設へは、事前に打合せ、日程調整等を行った上で訪問いたします。

御依頼については、電話もしくはメールで御連絡ください。

※育成中の犬がいる場合に限ります。

 

これまでに譲渡した活動犬はこちら