ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

動物由来感染症について

動物由来感染症とは

「動物由来感染症」とは動物から人に感染する病気の総称です

人と動物の距離が近くなるほど、動物由来感染症に感染する可能性が高くなります。

動物由来感染症には人も動物も重症になるもの、動物は無症状で人が重症になるもの等、病原体によって様々なものがあります。

 

動物由来感染症の例

動物種 動物由来感染症
パスツレラ症、皮膚糸状菌症、ブルセラ症、ノミ刺咬症、疥癬、回虫症、サルモネラ症、カンピロバクター症、コリネバクテリウム・ウルセランス感染症、カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症、レプトスピラ症、SFTS、狂犬病(※1)、Q熱、エキノコックス症他
猫ひっかき病、パスツレラ症、皮膚糸状菌症、トキソプラズマ症、ノミ刺咬症、疥癬、回虫症、サルモネラ症、カンピロバクター症、コリネバクテリウム・ウルセランス感染症、カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症、SFTS、狂犬病(※1)、Q熱、エキノコックス症他
小鳥 オウム病、クリプトコックス症他
げっし目
(ねずみ等)
レプトスピラ症、腎症候性出血熱、皮膚糸状菌症、野兎病他
爬虫類(カメ)

サルモネラ症他

※1我が国で病原体が長期間発見されていない感染症

 

 

(1)kaicyuu(2)furegumone(3)pastrella

 

(1)回虫(2)ネコの咬傷によるパスツレラ症の1例(フレグモーネ)(3)グラム染色を行ったパスツレラ属菌

(2),(3)は日本大学医学部臨床検査医学教室荒島康友先生提供

 

動物由来感染症を防ぐためには

 動物由来感染症を防ぐには正しい知識を持つことが大切です。

 犬や猫などのペットは動物由来感染症の病原体を持っている可能性がありますが、正しい知識を持って行動すれば、感染症にかかる可能性を減らすことができます。

 詳しくはこちら動物由来感染症ハンドブック2018(厚生労働省)(PDF:3509KB)(外部サイト)

 

日常生活で注意すること

  • 動物との過剰なふれあいは避けましょう
  • 動物にさわったら、必ず手を洗いましょう
  • ペットの身の回りは清潔にしましょう
  • 砂場や公園で遊んだら必ず手を洗いましょう
  • 野生動物の家庭での飼育や野外での接触は避けましょう

 

早めに医師・獣医師などの専門家へ相談しましょう

  • 体に不調を感じたら、早めに医療機関を受診しましょう
  • 医療機関を受診した際は、ペットの飼育状況や動物との接触状況を医師に伝えましょう
  • ペットも定期健診で病気の早期発見をしましょう

 

  

岐阜県内における動物由来感染症の調査

 岐阜県では、県内で飼育されているペット(犬・猫)を対象として動物由来感染症病原体等の保有状況を調査しています。

 調査結果については、下記及び別添のPDFファイルをご覧ください。

 

平成29年度動物由来感染症検査結果

◇結果概要版(PDF:207KB)

◇結果全文(PDF:757KB)

 

平成28年度動物由来感染症検査結果

◇結果概要版(PDF:183KB) 

◇結果全文(PDF:576KB)

 

平成27年度動物由来感染症検査結果

◇結果概要版(PDF:174KB)◇結果全文(PDF:590KB

◇(リーフレット)犬猫から人に移る病気についてパスツレラ症(PDF:328KB)

 

平成26年度動物由来感染症検査結果

◇結果概要版(PDF:172KB)

◇結果本文(PDF:484KB)