ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

動物の飼い主の方へ

ペットを飼う前に・・・

 ペットは命あるものです。ペットを飼い始める前に、一生面倒を見ることができるか、家族でよく相談しましょう。

また、周囲には、動物が嫌いな人、動物に恐怖感を持っている人、アレルギーを持っている人がいることを理解し、ペットが人に危害を加えたり、ご近所に迷惑をかけたりすることがないよう、気配りをしなくてはいけません。

このように、ペットを飼う事は多くの責任を伴います。以下のチェック項目を確認して、適正に飼養しましょう

ペットへの責任

一生面倒をみることができますか?

ペットの健康や安全を確保できますか?

ペットが快適に暮らせる環境を確保できますか?

 

社会への責任

飼っているペットが人の生命、身体、財産に害を加えることを防止できますか?

ペットの鳴き声、フンなどにより、ご近所に迷惑をかけないようにできますか?

しつけ、繁殖制限などの適切な管理ができますか?

 

ペットの特徴を知り、飼育する目的と環境を考えて選びましょう。

ペットを飼う目的は?

家族構成は?家族全員が賛成していますか?

ほかに飼っているペットとの相性は?

家を留守にする時間はペットをどのように管理しますか?

サルなどの特定動物(危険な動物)を飼育する場合は、保健所の許可が必要なことをご存じですか?

 

一生面倒を見るために

転勤などで飼えなくなりませんか?

鳴き声やにおいなどでご近所に迷惑がかかりませんか?

ご病気などで飼えなくなったときに代わりに面倒を見てくれる方がいますか?

家族にペットの毛などのアレルギーがありませんか?

えさ代、病気の予防費用や病気になったときの治療代を出すことができますか?

繁殖制限などの管理ができますか?(例えば、不妊・去勢手術を受けさせることができますか?)

犬及び猫については、トイレなどのしつけができますか?

 

ペットが快適に暮らすために

ペットの生態、習性、生理にあった飼育場所(空間)がありますか?

ペットが安心して休める場所がありますか?

ペットが逃げ出さないような対策ができますか?

 

ペットが快適に暮らす(健康と安全の確保)ためには室内飼いが有効ですが、以下のことなどに注意が必要です。

  1. 穏やかな生活環境を確保する
  2. 適正な室内の温度・湿度管理をする
  3. 床材に配慮する
  4. 事故を防止する
  5. タバコなどの影響を排除する
  6. 衛生害虫の発生を防止する

詳細はこちら

 

災害に備える

災害への備え

災害はいつ起こるかわかりません。

災害が起こったときは飼い主自身や家族の安全確保はもちろんのことですが、ペットの安全確保についても普段から考え、備えておく必要があります。

避難するときは、ペットと一緒に避難(同行避難)できるよう、日頃からキャリーバッグやケージに入ることなどに慣れさせておくことも必要です。

また、同行避難した避難所等においては、飼い主はペットの安全と健康を守るとともに避難所のルールを守り、他の避難者に迷惑をかけないようにしなければなりません。

災害が起きてからあわてることのないよう、普段から準備しておきましょう。

  1. 所有者明示をしましょう
  2. 普段からの健康管理としつけをしましょう
  3. ペット用の防災用品のなどの準備をしましょう
  4. 避難場所の確認など情報収集しておきましょう
  5. 災害が発生した時の対応
  6. 避難所などでの注意点

 詳細はこちら

 

災害時における動物の救援活動について

1.災害時における動物の救援活動に関する協定」締結について

災害時の動物救援活動について連携を強化するため、岐阜県は公益社団法人岐阜県獣医師会と協定を締結しました。

詳細はこちら

2.岐阜県地域防災計画に愛玩動物等の救援について位置づけしました。

岐阜県地域防災計画「愛玩動物等の救援」(一般対策計画)(PDF:75.5Kb)(地震対策計画)(PDF:76Kb)

 

野生動物について

野生動物等の飼育は大変難しいものです。

一般的には家庭飼育には不向きなものが多いので、一生面倒を見ることができるのか考えてください。

 

犬・猫などの動物を飼う場合に守ること

 詳細はこちら