ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 

緊急情報を受信した場合は、行政からの指示に従って、落ち着いて下記の2点を行ってください。

 

1速やかな避難行動

2正確かつ迅速な情報収集

 

 

緊急情報が出た時の対応

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、政府は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。Jアラートを使用すると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます。

 

<メッセージの例>

直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに屋内に避難してください。

 

メッセージが流れたら、落ち着いて直ちに行動してください。

 

○屋外にいる場合は、近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する。
○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。
○屋内にいる場合は、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 

 

※日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。なお、この場合、日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイルが落下する可能性があるときは、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。

 

 

参考資料・リンク先

内閣官房国民保護ポータル(外部サイト)

 

弾道ミサイル落下時の行動について(その1)(PDF:138kb)

弾道ミサイル落下時の行動について(その2)(PDF:282kb)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(PDF:125kb)

      問い合わせ先

      所属 危機管理政策課政策企画係
      電話 直通:058-272-1121
      内線:2414
      FAX 058-278-2524
      メールアドレス c11117@pref.gifu.lg.jp