ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県防災交流センターについて

施設の案内

大規模地震等で県庁舎が被災し、通信機能、災害対策本部機能等が麻痺した場合のバックアップ施設として平成11年6月29日にオープンしました。

交流センター航空画像 交流センター画像

施設の概要

○敷地面積 3,332.48平方メートル

○センター棟

【延床面積】2,637.02平方メートル
【構造等】鉄筋鉄骨コンクリート造、地上3階建、建物免震構造
1階:事務室、会議室等
2階:自主防災組織研修室(災害対策本部)、コミュニティ防災研修室(仮眠室)、防災無線室等
3階:情報企画課業務管理室等

○職員宿舎棟 【延床面積】1,412.81平方メートル
【構造等】壁式鉄筋コンクリート造、地上3階建
防災待機室(1戸)、単身者用(16戸)、世帯用(4戸)

 

施設の特色

 

1.センター棟は震度7にも耐えられるよう免震構造になっています。

2.自治体衛星通信を利用した衛星系無線システムにより、県内市町村、消防本部、県現地機関をはじめ消防庁、

国土交通省の国の機関等と結ばれています。

3.災害時に自給自立できるよう、自家発電設備、断水用貯水槽を備えています。

4.災害に備え、センターに隣接した職員宿舎の職員による災害初動措置に対応できるようにしています。

 

施設の運用

非常時

大規模災害により県庁舎の通信機能、災害対策本部機能がマヒした場合に、バックアップ
施設として災害対策の指揮中枢の役割をなすとともに、夜間、休日における突発的な事故
災害が発生した場合の初動措置を行います。

平常時  防災関係者に対する防災研修等を実施し、防災啓発の場としています。

 

交通のご案内

 ○JR岐阜駅から「県民ふれあい福寿会館」行きバス(約25分)終点で下車徒歩5分
案内図

 

開館情報

○開館時間/月曜日から金曜日の午前9時00分から午後4時30分まで
○休館日/土・日・祝祭日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)

お問い合わせ先

●岐阜県防災交流センターTEL058-277-5380

●岐阜県危機管理政策課TEL058−272−1111(代表)内線2413