ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

からだの不自由な方をサポートする「身体障害者補助犬」をご存じですか?

各種補助犬ほじょ犬(補助犬)は、目や耳、からだの不自由な人のために働く盲導犬、介助犬、聴導犬のことです。でも日本ではまだ理解が十分ではなく、レストランなどで、ほじょ犬同伴での入店を断られるということもしばしばありました。そこで平成14年10月1日に施行されたのが「身体障害者補助犬法」です。公共の施設や交通機関にほじょ犬を同伴することができるようになりました。さらに平成15年10月1日からデパートやスーパー、ホテル、飲食店などの一般的な施設にも、同伴できるようになりました

ほじょ犬は「身体障害者補助犬法」に基づいて認定された犬で、特別な訓練を受けています。
きちんとしつけれらているので、社会のマナーも守れるし、お手入れも行き届いていて衛生的です。だから、公共施設や交通機関をはじめ、飲食店やスーパー、ホテルなどいろいろな場所に同伴できます。
ほじょ犬は、からだの不自由な人の自立と社会参加を助けています。


●厚生労働省のホームページからポスター、ステッカー、パンフレットをダウンロードすることができます。また、補助犬訓練事業者の一覧をご覧いただけます。

(厚生労働省ホームページ)いろんな場所で会おうね。ほじょ犬
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/index.html(外部サイト)