ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ヒートショックの予防について

〜『ヒートショック』を知っていますか?〜

 東京都健康長寿医療センターの研究所が行った調査によると、2011年の1年間で、全国で約1万7000人の人がヒートショックに関連した入浴中急死をしたと推計され、その死亡者数は同年の交通事故による死亡者数(4,611人)をはるかに上回ります。

 そのうち、高齢者は約1万4000人と大多数を占めています。

 

 そこで、岐阜県では、『ヒートショック』の説明をはじめ、冬場に安全なお風呂タイムを過ごすための注意点をまとめたチラシを作成しましたので、ぜひ職場、ご自宅で周知・啓発にご活用ください。

 

ヒートショックを防ぎましょう(PDF:347kb)(啓発チラシ)



『ヒートショック』とは

 暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。

 失神や不整脈を起こしたり、急死に至ることもあり、気温の下がる冬場は特に危険です。



入浴時は特に注意

 体全体が露出する入浴時はヒートショックが起こりやすくなります。

 寒い脱衣室で衣服を脱ぐと、急激に体表面の温度が下がり、血圧は急激に上がります。

 その後、入浴すると血管は拡張して、血圧が急激に低下します。この急激な血圧変動が失神を起こす原因の一つで、浴槽内で溺れて亡くなる典型例と言えます。

 外気温が低くなる冬場は入浴中に心肺機能停止となる人が夏場の約10倍にもなります。



    ヒートショックの危険性が高い人

    ●高齢者

     元気な方でも血圧が変化しやすく体温を維持する生理機能も低下しています。

    ●高血圧の方

     血圧の急激な変動による低血圧が起きやすく、意識を失うおそれがあります。

    ●糖尿病や脂質異常症の方

     動脈硬化が進行している可能性から血圧の変化に注意が必要です。



    ヒートショックを防ぐには

     

    (1)脱衣所や浴室、トイレへの暖房器具設置や断熱改修

     冷え込みやすい脱衣所や浴室、トイレを暖房器具で温めることが効果的です。また、窓まわりは熱が逃げやすいので、内窓を設置するなどの断熱改修も効果があります。浴室をユニットバスに改修することでも断熱性は向上します。

    (2)シャワーを活用したお湯はり

     シャワーを活用した浴槽へのお湯はりが効果的です。高い位置に設置したシャワーから浴槽へお温をはることで、浴室全体を温めることができます。

    (3)夕食前・日没前の入浴

     夕食を食べる前、できれば日没前に入浴することが効果的です。日没後に比べて外気温がまだ高く、脱衣所や浴室がそれほど冷え込まない
    ことに加え、人の生理機能がピークにある午後2時から午後4時ころに入浴することで、温度差への適応がしやすいためです。

    (4)湯温設定41℃以下

     人によって影響は異なりますが、お湯の温度は、41℃以下にしておくことをお勧めします。

    (5)一人での入浴を控える

     可能な場合は、家族による見守りや公衆浴場、日帰り温泉等を活用し、一人での入浴を控えるといった方法も有効です。

     

    (6)食事直後・飲酒時の入浴を控える

     食後1時間以内や飲酒時は、血圧が下がりやすくなるため、入浴を控えた方がよいでしょう。

     

     

     寒い季節、暖房や断熱改修を効果的に取り入れ、入浴の方法に気を配ることで、ヒートショックを予防しましょう。



    問い合わせ先

    所属 高齢福祉課長寿社会推進係
    電話

    直通:058-272-8289

    FAX 058-278-2639
    メール c11215@pref.gifu.lg.jp