ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

骨髄ドナー登録をお願いします

骨髄バンク事業について

 日本骨髄バンクが主体となり、骨髄移植・末梢血幹細胞移植に必要な骨髄液を提供いただける方をドナーとして事前に登録し、移植希望者に提供する制度です。

移植を行うためには、移植希望者とドナーの白血球の型が一致する必要がありますが、一致する確率は、非血縁者間では数百から数万分の一であることから、全ての移植希望者に骨髄液を提供するために、たくさんの方のドナー登録を必要としています。善意のドナーの方から自由意思に基づいて提供していただいた健康な骨髄液によって、白血病などの血液難病の患者さんを、広くしかも公平に救うことが骨髄バンク事業の基本理念です。

 ドナー希望者の皆様はどのような強制もされませんし、必要な情報はすべて伝えられます。骨髄バンク事業ではドナーの方々の健康と安全が優先されます。詳しくは、日本骨髄バンクのウェブページをご覧ください。http://www.jmdp.or.jp/(外部サイト

ドナー登録できる方

ア・骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している方
イ・年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
ウ・体重が男性45kg以上/女性40kg以上の方

※骨髄・末梢血幹細胞を提供できる年齢は20歳以上、55歳以下です。

※上記アーウを満たす方であっても、ドナー登録できない場合があります。

ドナー登録までのながれ

ドナー登録のしおりである「チャンス」をお読みいただきます。

 ●WEB版http://www.jmdp.or.jp/reg/chance/flash/index.html(外部サイト

 (日本骨髄バンクのウェブページ)

 ●県下の保健所でも配布しています

登録申込書に必要事項を記入します。

登録窓口、もしくはドナー登録会で登録をします。

 ●最寄の会場を探すhttp://www.jmdp.or.jp/reg/about/flow.html#step3(外部サイト

 (日本骨髄バンクのウェブページ)

県保健所でのドナー登録会について

県の保健所でもドナー登録会を開催しています。

登録会はの日程については、こちらのページをご覧下さい。

 

ドナー休暇制度の普及について

 公益財団法人日本骨髄バンクを介して骨髄提供をする場合、患者さんと適合してから採取後の健康診断に至るまでに、8回前後、平日の日中に医療機関へ出向いていただく必要があることから、「ドナーに登録したいけど、勤めている会社に休暇制度が無くて休めない。」などの理由で、ドナー登録を断念される方がいらっしゃいます。

 その日数を、ドナー自身の有給休暇を使うのではなく、勤務先がその休日を特別休暇として認めるのが「ドナー休暇制度」です。「ドナー休暇」を導入している企業、団体は、少しずつですが増えてきています。雇用者の方が安心してドナー登録ができるよう、ドナー休暇制度の導入に御協力お願いいたします。

●ドナー休暇制度導入企業・団体

http://www.jmdp.or.jp/help_us/support/post_81.html(外部サイト

 (日本骨髄バンクのウェブページ)

 

ドナー助成制度について

 ドナーとして骨髄液等の提供をされた方やその勤め先に対し、県下の一部市町村が助成を行っています。詳しくは下記の連絡先にお尋ねください。

 

市町村名

部課名等

連絡先

岐阜市

健康部地域保健課

058-252-7191

大垣市

保健センター

0584-75-2322

高山市 市民保健部健康推進課 0577-35-3160
関市 保健センター

0575-24-0111

中津川市 健康福祉部健康医療課

0573-66-1111

(内線623、625)

瑞浪市

民生部健康づくり課

0572-68-9785

羽島市

健幸福祉部健康推進課

(保健センター)

058-392-1111

(内線5302)

土岐市

保健センター(健康増進課)

0572-55-2010

各務原市 健康福祉部健康管理課

058-383-7570

本巣市

健康福祉部健康推進課

(糸貫保健センター)

058-320-0500

下呂市

健康医療部健康医療課

0576-53-2101
岐南町 民生部健康推進課 058-247-1321
笠松町 住民福祉部健康介護課

058-388-7171

養老町

保健センター 0584-32-9025
神戸町 健康福祉課保健センター 0584-75-2322