ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ひきこもり地域支援センター

ひきこもり地域支援センターでは、岐阜県在住のひきこもりに悩むご本人やご家族の方を対象に、相談などを行う機関として、平成28年6月に精神保健福祉センター内に開設しました。

 

ひきこもり地域支援センターリーフレット(表面)(PDF:350KB)

リーフレット(中面)(PDF:591KB)

 

ひきこもりとは

ひきこもりは、様々な要因の結果として、社会的参加(就学、就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6ヶ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)のことを言います。

ひきこもりと言っても、「自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」、「近所のコンビニには出かける」、「自室からは出るが、家からは出ない」、「自室からはほとんど出ない」等、ひきこもりの状態は様々です。

なお、ひきこもりは原則として統合失調症の陽性あるいは陰性症状に基づくひきこもり状態とは一線を画した非精神病性の現象とされています。

 

面接相談・電話相談

ひきこもりに悩むご本人、ご家族等からの相談を行っております。

面接相談

相談日

月・水・木・金曜日の午前9時〜午後4時

*医師やひきこもり地域支援コーディネーターが相談に応じます。

場所 精神保健福祉センター(ひきこもり地域支援センター)
料金 無料
留意事項

予約制となっておりますので、まずはお電話をください。

・ご家族だけの相談でも、お受けします。

・なお、その際に簡単に相談内容をお伺いします。

・相談内容よっては、アドバイスで終了したり、他機関をご紹介することもあります。

 

電話相談

相談日時

月曜日から金曜日午前9時から午後5時(年末年始、祝日を除く)

30分程の相談となります。

電話番号 058-231-9724(精神保健福祉センターと同じ番号です)

 

ひきこもりに関する相談会(可茂地域・東濃地域・飛騨地域)・家族教室(東濃地域)

上記のひきこもり地域支援センター(精神保健福祉センター)での相談だけではなく、可茂地域・東濃地域・飛騨地域での相談会を計画しました。

また、平成29年度は東濃地域にて家族教室を計画しました。

詳しくは「ひきこもりに関する相談会・家族教室」をご覧ください。

 

ひきこもりグループミーティング

ひきこもりに悩むご本人、ご家族を対象にしたグループミーティングを行っています。

同じ悩みを抱えるご本人や家族同士で語り合ったり、学習をすることを目的に開催しています。参加にあたっては、面接相談を受けていただくことになっておりますので、お電話にてお問い合わせください。

詳しくは「ひきこもりグループミーティング」をご覧ください。

 

普及啓発

毎年1回(秋頃)、ひきこもり講座を開催しております。

ひきこもりに対する理解や対応を学ぶため、ご家族や関係者だけではなく、一般の方に広く参加していただいております。

 

平成29年度ひきこもり講座を開催しました。

日時:平成29年9月22日(金)

午後1時30分から午後4時(受付は午後1時から)

会場:岐阜県図書館多目的ホール

内容:講演「ひきこもりの現状とその先に見える光」

質疑応答

講師:池上正樹氏(ジャーナリスト・日本文藝家協会会員)

講演

 

ひきこもりの現状と支援に関する調査

ひきこもりの相談を受けていると考えられる相談窓口を対象に、「ひきこもりの現状と支援に関する調査」を実施しました。

詳しくは、調査結果(PDF:262KB)をご覧ください。