ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

自立支援医療(精神通院医療)指定医療機関について

【医療機関・薬局のみなさまへのご案内】

 自立支援医療(精神通院医療)診断書様式はこちらへ

 現在指定されている医療機関の一覧はこちらへ

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定制度について

 平成18年4月から障害者自立支援法に基づく自立支援医療制度が施行されましたが、これに伴い、新たに「指定医療機関制度」が導入され、都道府県知事の指定を受けた医療機関でなければ公費負担を適用することができなくなりました。平成25年4月より「障害者自立支援法」は「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」へと改正されました。
指定医療機関制度の概要は下記のとおりです。
 

(指定)

病院、診療所、薬局及び訪問看護事業所(以下、「医療機関等」という。)の開設者からの申請により、自立支援医療の種類(育成医療、更生医療、精神通院医療)ごとに都道府県知事が指定を行います。指定の有効期限は6年間です。
申請者が保険医療機関等でないとき、自立支援医療費の支給に関して重ねて勧告等を受けているとき等には、都道府県知事は指定をしないことができます。
指定自立支援医療機関の診療方針は健康保険の診療方針の例によります。
指定自立支援医療機関は、指定自立支援医療機関(精神通院医療)療養担当規定(平成18年2月28日厚生労働省告示第66号)により、良質かつ適切な自立支援医療を行わなければなりません。

 

(監督)

都道府県知事は、必要があると認めるときは、医療機関の開設者等に対し報告や帳簿書類等の提出を命じ、出頭を求め、又は職員に関係者に対し質問させ、設備や診療録等につき検査させることができます。
健康保険の診療方針や療養担当規定に沿って、良質かつ適切な自立支援医療を実施していないと認めるときは、期限を定めて勧告することができ、勧告に従わない場合には公表、命令することができます。


(取消)

診療方針等に違反したとき、自立支援医療費の不正請求を行ったとき、命令に違反したとき等において、都道府県知事は指定を取り消すことができます。

 

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定等手続について

【1指定手続きの概要】

○岐阜県内の医療機関に関する指定業務は、岐阜県健康福祉部保健医療課が行います。
○病院や診療所については、障害者自立支援医療指定医療機関の範囲を満たすことが指定の要件になっています。
○指定年月日は、原則として県の決定日の属する月の翌月1日となります。
○育成医療・更生医療に係る指定業務は、岐阜県身体障害者更生相談所(TEL:058-231-9715)が担当しています。
○参考)「指定自立支援医療機関の指定について」(平成18年3月3日障精発第0303005号厚生労働省通知)

 

【締切と指定について】

 毎月20日締め、翌月1日指定とします。(原則20日までに到達。)

 月途中の指定希望の場合も、前月20日までに申請書を提出してください。


【2新規指定申請について】

新規に指定を受けようとする医療機関の開設者の方は、下記の様式により申請をしてください。(申請書及び別紙は、ダウンロードができます。)

【提出書類】

●(病院又は診療所)<第10号様式>

・指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定申請書(病院又は診療所)pdf形式|word形式

・医師経歴書(別紙1)pdf形式|word形式

・医師免許証の写し(A4サイズ)

・誓約書(別紙2)pdf形式|word形式

・役員等名簿(別紙3)pdf形式|word形式

*誓約書、役員等名簿については、平成24年4月1日以降の申請から必要となります。

●(薬局)<第12号様式>

・指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定申請書(薬局)pdf形式|word形式

・薬剤師経歴書(別紙1)pdf形式|word形式

・薬剤師免許証の写し(A4サイズ)

・薬局許可証の写し

・誓約書(別紙2)pdf形式|word形式

・役員等名簿(別紙3)pdf形式|word形式

*誓約書、役員等名簿については、平成24年4月1日以降の申請から必要となります

●(指定訪問看護事業者等)<第14号様式>

・指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定申請書(指定訪問看護事業者等)pdf形式|word形式

・従事する職員の定数(別紙1)pdf形式|word形式

・指定訪問看護事業者又は指定居宅サービス事業者であることが分かるもの(指定通知書の写し等)

・誓約書(別紙2)pdf形式|word形式

・役員等名簿(別紙3)pdf形式|word形式

*誓約書、役員等名簿については、平成24年4月1日以降の申請から必要となります

※新規に開設される医療機関で、指定申請時において保険医療機関コードが決まっていない場合には、申請書の「保険医療機関コード」欄は空欄のままで提出し、医療機関コードが決まった時点で当課までご連絡願います。

【申請方法】

 郵送による。

【申請先】

 〒500−8570
岐阜県岐阜市薮田南2−1−1
岐阜県健康福祉部保健医療課精神保健福祉係あて
TEL:058-272-1111内線2544

 

【3指定の更新申請について】

 指定自立支援医療機関の指定については、6年ごとにその更新を受けなければ、効力が失われます。指定の更新の手続きは、有効期間が満了する3カ月前までに行ってください。なお、変更がある場合は、変更の届出も必要となりますので、併せて手続きをお願いします。

 ※平成27年度に更新を受ける必要がある医療機関(指定日が平成21年度4月1日から平成22年度3月31日の医療機関)については、個別に案内させていただいております。案内文書は平成26年12月4日に発送しております。

 病院、診療所、指定訪問看護事業者等・・・各医療機関の所在地宛てに郵送します。

 薬局・・・各開設者の住所宛てに開設薬局分をまとめて郵送します。

 【提出書類】

 ・指定更新申請書(病院又は診療所)<第16号様式>pdf形式|word形式

 ・指定更新申請書(薬局)<第18号様式>pdf形式|word形式

 ・指定更新申請書(訪問看護事業者等)<第20号様式>pdf形式|word形式

 ・誓約書(別紙1)pdf形式|word形式

 ・役員等名簿(別紙2)pdf形式|word形式

 ・従事する職員の定数(別紙3)pdf形式|word形式※訪問看護事業者等の職員定数変更時のみ提出

【申請方法】

 郵送による。

【申請先】

 〒500-8570
岐阜県岐阜市薮田南2-1-1
岐阜県健康福祉部保健医療課精神保健福祉係あて
TEL:058-272-1111内線2544


【4変更の届出について】

 次の事項に変更があった場合は、下記の様式により届出をしてください。

また、変更の内容によっては、経歴書(別紙1)、医師/薬剤師免許証の写し(A4サイズ)、誓約書(別紙2)及び役員等名簿(別紙3)の添付が必要な場合があります。(別紙1から3については、新規指定申請の様式をお使いください)
(変更届及び別紙は、ダウンロードができます。)

 

●(病院又は診療所)

 指定医療機関(病院又は診療所)変更届<第22号様式>pdf形式|word形式

 【変更事項】

 ・病院又は診療所の名称及び所在地

 ・開設者の住所及び氏名又は名称…誓約書(別紙2)、役員等名簿(別紙3)の添付

 ・標榜している診療科名(担当する自立支援医療の種類に関係があるものに限る。)

 ・自立支援医療を主に担当する医師…経歴書(別紙1)、誓約書(別紙2)、役員等名簿(別紙3)及び医師免許証の写し(A4サイズ)の添付

 

●(薬局)

 薬局変更届<第24号様式>pdf形式|word形式

 【変更事項】

 ・薬局の名称及び所在地

 ・開設者の住所及び氏名又は名称…誓約書(別紙2)及び役員等名簿(別紙3)の添付

 ・主に従事する薬剤師…経歴書(別紙1)、誓約書(別紙2)、役員等名簿(別紙3)及び薬剤師免許証の写し(A4サイズ)の添付

 

●(指定訪問看護事業者等)

 指定訪問看護事業者変更届<第26号様式>pdf形式|word形式

 【変更事項】

 ・指定訪問看護事業者等の名称及び主たる事務所の所在地…誓約書(別紙2)、役員等名簿(別紙3)の添付

 ・訪問看護ステーション等の名称及び所在地

 ・従事する職員の定数…別紙1の添付

 別紙1pdf形式|word形式
※医師や薬剤師が変更になった場合には、変更申請書の他、経歴書(別紙1)、誓約書(別紙2)、役員等名簿(別紙3)及び医師免許証または薬剤

 師免許証の写しが必要です。別紙各様式は【2新規指定申請について】からダウンロードできます。


【5医療機関の休止・廃止、指定医療機関の辞退に関する届出】

医療機関の休止・廃止、指定医療機関の辞退があった場合には、下記様式により県への届出が必要です。
(休止・廃止届及び辞退届は、ダウンロードができます。)

 医療機関休止・廃止届

 <第27号様式>

 pdf形式|word形式

 医療機関辞退届

 <第28号様式>

 pdf形式|word形式