ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

インフルエンザかからないために広めないために

 インフルエンザの流行を抑えるには、各自がかからないようにすることと、広めないように心がけることが大切です。
以下の事項に十分留意した生活をお願いします。

 

手洗いかからないようにするには・・・

  • 出かける場合には、なるべく人ごみを避けましょう。
  • 帰宅時や食事前には手洗いをしましょう。
  • 睡眠を十分に取り、栄養に気を配りましょう。
  • 室内を適切な温度や湿度に保ちましょう。

 

かかったときのマスクせきエチケット広めないようにするには・・・

  • 咳(せき)エチケットを守りましょう。
  • (咳、くしゃみが出る場合には、ティッシュ、ハンカチなどで鼻や口を押さえ、飛沫(ひまつ)を飛ばさないように心がける。)
  • 咳、くしゃみなど体調がおもわしくない場合には、極力外出は避け、外出をする場合にはマスクをしましょう。

 

ハイリスク者の方へ・・・

  • 65歳以上の高齢者に加え、妊婦、乳幼児、心肺系の慢性疾患、糖尿病、腎疾患等の基礎疾患を有する方(ハイリスク者)は感染すると重篤化するおそれがあるため、早めに医療機関を受診してください。

 

ワクチン接種インフルエンザワクチンの接種について

予防接種は発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になることを防ぎます。
特に高齢者や基礎疾患のある方など、重症化する可能性が高い方には、効果は高いとされています。

65歳以上の方などを対象に、市町村が助成制度を設けています。詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。

 

 

・みんなで予防!インフルエンザ平成28年度予防啓発ポスター

 

マメゾウくん・アズキちゃん・ミナモともコラボポスター

(PDF版)手洗いとマスクで予防を!<355KB>

(PDF版)インフルエンザに負けないぞ!<364KB>

 


より詳しい情報は

今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)<外部サイト>

インフルエンザQ&A<外部サイト>

啓発ツール<外部サイト>

流行状況(岐阜県感染症情報センター)


手洗いのしかた

感染症予防のために手を洗いましょう 

PDF版縦バージョン<PDF702KB>
PDF版横バージョン<PDF531KB>