ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

肝炎ウイルス陽性者の方への初回精密検査費用助成について

岐阜県または市町村が実施した肝炎ウイルス検診で、陽性となった方へ初回精密検査費用を助成しています。

 

1対象者

次のいずれにも該当する方

  1. 岐阜県内にお住いの方
  2. 医療保険各法(後期高齢者を含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  3. 1年以内に県又は市町村が実施した肝炎ウイルス検診において陽性と判断された方
  4. 岐阜県又は岐阜県内市町村の肝炎ウイルス陽性者フォローアップに同意した方

 

2助成対象費用

 初診料(再診料)、ウイルス疾患指導料の他、下記の検査費用(各項目1回に限る)。ただし、医師が真に必要と判断したものに限る。

1血液形態・機能検査(末梢血液一般検査、末梢血液像)

2出血・凝固検査(プロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間)

3血液化学検査(総ビリルビン、直接ビリルビン、総蛋白、アルブミン、ALP、ChE、γ-GT、総コレステロール、AST、ALT、LD、ZTT、クレアチニン)

4腫瘍マーカー(AFP、AFP-L3%、PIVKA-2半定量、PIVKA-2定量)

5肝炎ウイルス関連検査(HBe抗原、HBe抗体、HCV血清群別判定、HBVジェノタイプ判定等)

6微生物核酸同定・定量検査(HBV核酸定量、HCV核酸定量)

7超音波検査(断層撮影法(胸腹部))

 ※診断書等の書類作成に費用がかかる場合がありますが、その費用は対象になりません。また、紹介状を持参せず受診した場合には、選定療養費が必要になります。

 

3検査実施医療機関

 肝疾患専門医療機関を受診してください。

圏域

医療機関名

岐阜 岐阜大学医学部附属病院、岐阜県総合医療センター、岐阜市民病院、羽島市民病院、村上記念病院、松波総合病院、岐阜中央病院
西濃 大垣市民病院
中濃 中濃厚生病院、木沢記念病院
東濃

岐阜県立多治見病院、土岐市立総合病院、東濃厚生病院

飛騨 岐阜県立下呂温泉病院、高山赤十字病院

 

4助成までの流れ

1準備

 (1)肝炎ウイルス検査の結果「陽性」であったことの説明を受けた医療機関で肝疾患専門医療機関への紹介状を作成してもらいます。

 (2)保健所職員から申請方法の説明を受けます。(陽性者フォローアップ事業に登録していない場合には、同意書を提出します。)

2受診

 (1)肝疾患専門医療機関で初回精密検査を受診します。

 (2)領収書、診療明細書、診断書(ウイルス性肝炎初回精密検査診断書)を作成してもらいます。

 (3)窓口で料金を支払います。

3申請

 次の書類を保健所に提出します。

 申請書、診断書(ウイルス性肝炎初回精密検査診断書)、医療機関の領収書、診療明細書、医療保険証の写し

 

<内容を審査のうえ、助成対象となる費用を金融機関へ振込みいたします。>

 

 

<参考>

 岐阜県ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業実施要領

 本文<PDF(257KB)

 様式1同意書<PDF(79KB)Word(32KB)

 様式2初回精密検査費用交付申請書<PDF(94KB)Excel(53KB)

 様式3初回精密検査診断書<PDF(77KB)Excel(52KB)