ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

風しん

県内の状況はこちら風しん抗体検査事業はこちら

 

風しんについて

風しんは、風しんウイルスによる、発しん、発熱、リンパ節の腫脹を特徴とする感染症です。

咳やくしゃみなどの飛まつで、人から人に感染します。

通常、症状は3日程度でおさまりますが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症がおこることもあります。

風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中に風しんに感染した場合は、胎児が先天性風しん症候群という病気になることがあり、特に注意が必要です。

 

予防のために

1予防接種を受けましょう

風しんの定期予防接種対象者
1歳児及び、小学校入学前1年間の幼児は、市町村が行う定期予防接種として、無料で接種が受けられます。

先天性風しん症候群の発生を防ぐため、抗体価が十分であると確認できた方以外の方は、予防接種をご検討ください。
(1)妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族
(2)10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)
(3)産褥早期の女性
ただし、妊娠している方、妊娠している可能性のある方は、予防接種を受けることができません。

 ※接種については、かかりつけ医や小児科医等、お近くの医療機関にお問い合わせください。

 なお、岐阜県では、妊娠を希望する女性や十分な免疫を持っていない妊婦と同居する方にあって、一定の条件を満たす方は風しん抗体検査が無料で受けられます。

 詳しくはこちら(岐阜県風しん抗体検査事業のページ)

2外出先から戻ったときは、手洗い・うがいをしましょう

 

 外部リンク

 風しんについて(厚生労働省)<外部サイト>

 風しんQ&A(国立感染症研究所)<外部サイト>

 先天性風しん症候群Q&A(国立感染症研究所)<外部サイト>