ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口

「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」に基づく給付金の請求手続き等に関する相談窓口が、独立行政法人医薬品医療機器総合機構内に設置されています。

なお、特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法に基づき、給付金の支給を受けるためには、法律の施行の日から起算して5年が経過する日(平成25年1月15日)までに国を被告とした訴訟の提起等を行う必要がありますので、最寄りの弁護士会などにご相談ください。

 特別措置法に基づく給付事務手続き等に関する問い合わせ(平成23年4月1日現在)

(独)医薬品医療機器総合機構(外部サイト)の問い合わせ窓口

 フリーダイヤル:0120-780-400(フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からはご利用になれません)

 受付日時:平日の午前9時から午後5時まで

 

 

 厚生労働省(外部サイト)の相談窓口(平成23年4月1日現在)

 フリーダイヤル:0120-509-002

 受付時間:平日の午前9時30分から午後6時まで(土・日・祝日を除く)

 

出産や手術での大量出血などの際のフィブリノゲン製剤・血液凝固第IX因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方々へ【C型肝炎訴訟の原告の方々との和解の仕組みのお知らせ】

 厚生労働省ホームページ(外部サイト)

特別措置法の概要(外部サイト・PDFファイル)

 

 

B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査受診の呼びかけ

 厚生労働省では、平成13年3月以降、非加熱の血液凝固因子製剤を血友病以外の患者に投与した可能性のある医療機関を公表し、血友病以外の傷病で非加熱血液凝固因子製剤の投与を受けた方々への肝炎ウイルス検査の呼びかけを行っています。

 平成6年以前にフィブリノゲン製剤の投与を受けた方等、下記(1)〜(4)及び(ア)〜(ク)に該当される方は、肝炎ウイルスに感染している可能性が一般の方よりも高いと考えられますので、C型肝炎ウイルス検査を受けられることをお勧めしています。

 

検査受診の呼びかけの対象者【調査対象の血液凝固因子製剤を使用された可能性のある方】

公表医療機関で入院治療を受け、下記に該当された方

(1)新生児出血症(新生児メレナ、ビタミンK欠乏症等)等の病気で「血が止まりにくい」との指摘を受けた方

(2)肝硬変や劇症肝炎で入院し、出血が著しかった方

(3)食道静脈瘤の破裂や消化器系疾患により大量の吐下血があった方

(4)大量に出血するような手術を受けた方(出産時の大量出血も含む)

 

また、上記対象者以外の方でも、肝炎ウイルスに感染している場合がありますので、以下の【参考】に該当する方で、肝炎ウイルス検査を受けた経験のない方には、肝炎ウイルス検査の受診をおすすめします。

なお、過去に肝炎ウイルス検査を受診されている方は、検査受診後、新たに【参考】のような事由が生じていない限り、再度検査を受診する必要はありません。

【参考】以下のような方々は、C型肝炎ウイルス感染の可能性が一般より高いと考えられています。

 (ア)1992(平成4)年以前に輸血を受けた方

 (イ)大きな手術を受けた方

 (ウ)長期に血液透析を受けている方

 (エ)フィブリノゲン製剤(フィブリン糊としての使用を含む)を投与された方

 (オ)臓器移植を受けた方

 (カ)薬物濫用者、入れ墨をしている方

 (キ)ボディピアスを施している方

 (ク)その他(過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、その後肝炎の検査を実施していない方等)

 

フィブリノゲン製剤納入先医療機関名等の公表について

厚生労働省では、平成16年12月以降、フィブリノゲン製剤の納入先とされている医療機関を公表しています。

 厚生労働省報道発表資料H20.1.17(外部サイト)

 厚生労働省フィブリノゲン製剤等相談窓口、フィブリノゲン製剤納入先医療機関リスト等(外部サイト)

血液凝固因子製剤納入先医療機関名等の公表について

厚生労働省では、平成13年3月以降、非加熱の血液凝固因子製剤を血友病以外の患者に投与した可能性のある医療機関を公表しています。

 厚生労働省報道発表資料H20.7.1(外部サイト)

平成20年1月に公表した医療機関リストはこちらからご覧になれます。

 平成20年1月17日非加熱血液凝固因子製剤納入先医療機関等一覧(外部サイト)

平成13年の調査時に公表した医療機関リストはこちらからご覧になれます。

 平成13年3月29日非加熱血液凝固因子製剤納入先医療機関等一覧(外部サイト)

 

関連機関リンク

厚生労働省(フィブリノゲン製剤等相談窓口について)(外部サイト)

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(外部サイト)