ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

あなたにありませんか?こんなサイン

最近(ここ2週間ほど)こんなことが続いていませんか?

  1. 悲しい、憂うつな気分、沈んだ気分
  2. 何事にも興味がわかず、楽しくない
  3. 疲れやすく、元気がない(だるい)
  4. 気力、意欲、集中力の低下を自覚する(おっくう)
  5. 寝付きが悪くて、朝早く目が覚める
  6. 食欲がなくなる
  7. 人に会いたくなくなる
  8. 夕方より朝方の方が気分、体調が悪い
  9. 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする
  10. 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
  11. 自分を責め、自分は価値がないと感じる

うつ病が疑われたら・・・あなたができること

  • 専門家(医師、保健師)に相談(受診)してください。
  • 休養と、場合によっては服薬が必要です。
  • 早期に対策を行うと早く回復します。

周囲にいませんか?こんなサインを出している人

最近(ここ2週間ほど)こんなことが続いていませんか?

1.以前と比べて表情が暗く、元気がない

2.体調不良の訴え(身体の痛みや倦怠感)が多くなる

3.仕事や家事の能率が低下、ミスが増える

4.周囲との交流を避けるようになる

5.遅刻、早退、欠勤(欠席)が増加する

6.趣味やスポーツ、外出をしなくなる

7.飲酒量が増える

うつ病が疑われたら、周囲のあなたができること

・うつ病の症状について質問してください。

・睡眠障害があったり、うつの症状が強くて日常の仕事、家事などが困難であれば、休養と治療を勧めてください。

・保健所、精神保健福祉センターや医療機関(精神科、心療内科、かかりつけ医)・・・などで相談するよう勧めてください。誰かが付き添って行ってください。

・本人が受診を拒否した場合、本人が信頼している家族、先輩、友人などから受診を勧めてもらってください。

・治療が始まったら、本人の回復のペースに配慮して、支援をしてください。

無理に外出・運動・気分転換を勧めずに、本人がその気になった時点でこれらのことを支援してください。

自殺予防のために岐阜県精神保健福祉センター