ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「うつ病」って、どんな病気?

うつ病とは?

  1. うつ病は特別な人がかかる病気ではなく、誰でもかかる可能性があります。
  2. うつ病も心身のエネルギーを低下させ、いろいろな病気の原因になったり、病気を悪化させたり、最悪の場合は自殺の恐れもでてきます。
  3. 心配や過労・ストレスが続いたり、孤独や孤立感が強くなったり、将来への希望が見出せないと感じた時などにうつ病にかかりやすいです。
  4. うつ病は早期発見、早期治療が大事です。しかし、長く続くこともあり、その場合は辛抱強く治療することが大事です。

 

我が国のうつ病

約15人に1人が経験


欧米よりは低いものの、生涯に約15人に1人、過去12ヶ月間には約50人に1人がうつ病を経験しています。

 

病気だとは気づかない


うつ病にかかっている人の1/4程度が医師を受診していますが、残りの3/4は、病状で悩んでいても病気であると気づかなかったり、医療機関を受診しづらかったりして、医療を受けていません。

 

 

うつ病はどうして起こるの?

うつ病になりやすい性格とは?

几帳面で真面目、責任感が強い人がうつ病になりやすいと言われていますが、これは大部分の日本人に共通した特徴です。

これらが人並み以上に強い場合や考え方に柔軟性が乏しい人、開き直りや決断ができない人はストレスを受け止めやすく、結果としてうつ病になりやすいと言えます。

うつ病が疑われたら、周囲のあなたができること

様々な生活体験がうつ病のきっかけになります。

ストレスになりやすいこれらの体験と個人の性格や行動様式が相互に関係して、一部の人がうつ病になります。うつ病が悪化すると自殺の危険も出てきます。

うつ病に関係した様々な要因

うつ病の様々な要因

自殺予防のために岐阜県精神保健福祉センター