ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

自殺の背景としての精神疾患

研究結果から

  • 自殺を企図し救急施設に運ばれたものに対する調査によると、自殺を企図した者の75%に精神障害が認められました。
  • また、この精神障害の内訳は、約半数がうつ病等、次いで統合失調症でした。
図:心の健康問題と対策基盤の実態に関する研究

自殺予防のためにできること

  • 世界保健機関(WHO)は、うつ病、アルコール依存症、統合失調症の3種の精神疾患だけでも早期に発見して、適切な治療を実施することができれば、最低でも自殺率を3割低下させることができると繰り返し強調しています。
  • うつ病については、次のページを参考にしてください。

「うつ病」って、どんな病気?

自殺予防のために岐阜県精神保健福祉センター