ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

自殺対策

自殺対策

はじめに

平成27年の全国の自殺者数は、年間23,000人余りで、岐阜県内でも、約370人の方が自殺で亡くなっています。

長期的に見ると、少しずつ減少傾向を示していますが、交通事故で亡くなる方のおよそ約4倍になります。

人の「命」は何にも代えがたいものです。また、自殺は本人にとってもこの上ない悲劇であるだけでなく、家族や周りの人々に大きな悲しみと生活上の困難をもたらし、社会全体にとっても大きな損失となります。

そこで、岐阜県では、さまざまな自殺対策の取組を行っていますので、こちらをご覧ください。

自殺予防対策のために(精神保健福祉センター)

第2期岐阜県自殺総合対策行動計画について

自殺対策は、経済や生活の問題をはじめ、健康や家庭の問題などが複雑に関係していることから、個人の問題としてだけでとらえるのではなく、社会全体で取り組まなければならない重要な課題となっています。
そこで岐阜県では、平成21年3月に策定した「自殺総合対策行動計画」を改訂し、平成26年度から新たな取組目標を設定し取り組むこととしました。
この計画により、県民も関係機関も「みんながゲートキーパー」となり「苦しんでいる人を一人にしない、あたたかい社会」の実現を目指していくこととしました。

 

※ゲートキーパーとは・・・
自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

 

 計画についてはこちらをご覧ください。