ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県のがん診療連携拠点病院とがんに関する相談窓口

がん診療連携拠点病院の役割

1目的

 我が国におけるがん対策は平成16年度から開始された「第3次対がん10ヵ年総合戦略」では、その戦略目標を「全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう、がん医療の『均てん化』を図る。」としています。
 がん診療連携拠点病院は、指針で示される要件を充足しつつ、地域のがん診療の均てん化を図ることを目的としています。

2事業概要

がん診療連携拠点病院一覧

 がん診療連携拠点病院には「都道府県がん診療連携拠点病院」と「地域がん診療連携拠点病院」があります。「都道府県がん診療連携拠点病院」は各都道府県におけるがん医療の中心的な役割を担う病院です。
岐阜県におけるがん診療連携拠点病院は以下のとおりです。

都道府県がん診療連携拠点病院

 岐阜大学医学部附属病院(外部サイト)

地域がん診療連携拠点病院

 岐阜県総合医療センター(外部サイト)

 岐阜市民病院(外部サイト)

 大垣市民病院(外部サイト)

 木沢記念病院(外部サイト)

 県立多治見病院(外部サイト)

 高山赤十字病院(外部サイト)

岐阜県のがん相談支援センター

 患者さんやご家族あるいは地域の方々からの、がんに関する相談を無料で受ける窓口です。がん診療連携拠点病院で診療を受けていない方からのご相談もお受けしています。

岐阜大学医学部附属病院(外部サイト)
岐阜県総合医療センター(外部サイト)
岐阜市民病院(外部サイト)
大垣市民病院(外部サイト)
木沢記念病院(外部サイト)
岐阜県立多治見病院(外部サイト)
高山赤十字病院(外部サイト)