ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県の男女共同参画に関連した条例

岐阜県男女が平等に人として尊重される男女共同参画社会づくり条例について

 ○日本では、憲法で「基本的人権の尊重」がうたわれていますが、現実には男女間の不平等や人権侵害が生まれています。

 ○また、少子高齢化の進展など、社会経済情勢が大きく変化している中、生き生きとした豊かな社会を築いていくためには、
「男は仕事、女は家事・育児」に代表されるような性別による役割分担意識にとらわれることなく、社会のあらゆる場面で
男女が対等な立場でその個性と能力を発揮し、ともに責任を果たしていくことが重要です。

 ○そこで、国の法整備も踏まえ、男女共同参画とは何かを県民の皆さん一人ひとりに知っていただき、みんなで男女共同
参画による豊かな社会をつくっていくことを目指して、平成15年10月9日、岐阜県議会において、「岐阜県男女が平等に
人として尊重される男女共同参画社会づくり条例」が可決され、同年11月1日から施行されました。

 ○この条例は、性別・年代を問わずみなさんに理解していただくことを意図して、県民のみなさんのご意見や提案をいただ
きながらつくりあげたもので、分かりやすい言葉や表現で構成されています。

 ・条例全文(PDF:2.2MB)