ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

後発医薬品について

後発医薬品とは何ですか?

病院でもらう医薬品には、「先発医薬品」と「後発医薬品」があります。

先発医薬品とは、最初に発売された医薬品で、特許をとっている医薬品です。

後発医薬品とは、特許が切れた先発医薬品を他の製薬会社が製造あるいは供給する医薬品です。

 

後発医薬品の効き目は確かですか?

後発医薬品は、先発医薬品と有効性、安全性が同等であるものとして厚生労働省により製造販売が承認されたものです。

 

後発医薬品はなぜ安いのですか?

後発医薬品は、一般的に、開発費用が安く抑えられることから、先発医薬品に比べて安くなっています。

 

後発医薬品には全ての医薬品にありますか?

医薬品の種類によっては、後発医薬品がないものもあります。

 

先発医薬品を後発医薬品に変更するにはどうしたらいいですか?

かかりつけの医師、薬剤師に相談してください。

 

後発医薬品に関する厚生労働省ホームページ<外部サイト>

 

後発用医薬品安心使用促進事業(本県の取組み)

岐阜県では、平成25年度に岐阜県後発医薬品安心使用協議会を設置するとともに、後発医薬品の安心使用を促進するための取り組みを行っています。

 

【これまでの取り組み】

・医療機関等における後発医薬品取扱い状況の調査

・一般県民(県政モニター)に対する後発医薬品に関する意識調査

・医療機関等向けの後発医薬品採用手順(モデル)

・啓発ポスターの作成

 

○後発医薬品採用手順(モデル)ダウンロード

PDF:453KB

Word:216KB