ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

授業紹介

月日 学科 記事

4月13日

助産学科

 

褥婦の観察 新生児の観察

 

褥婦の観察 グループワーク

 

授業科目:褥婦・新生児の助産診断技術

 学生同士ペアになり、褥婦と新生児の健康診査を実施しました。褥婦・新生児の健康生活を維持・向上するために必要となる観察方法と援助について考えました。

 

 

【学生の感想】

 入学後初めての演習で緊張しました。正しい援助技術を身につけるとともに、安全、安楽に配慮して援助できるよう、学習を重ねていきたいです。

 

 

5月17日

 歯科技工学科

 造形美術概論頭蓋骨

造形美術概論授業風景 造形美術概論授業全景

授業科目:造形美術概論

 粘土で頭像を作成する授業です。対象物をよく観察して形の捉え方を理解する。頭蓋および顔面の構成と立体物の表現方法を学びます。

 

【学生の感想】

 初めての頭像作りは新鮮でとても楽しかったです。講義で習った知識と結び付けながら頭部の骨格標本をもとに粘土を貼り付けました。頭部の形についてより理解を深めることが出来ました。完成が楽しみです!

 

6月12日 第一看護学科

授業風景 授業風景①
授業風景2聴診器

授業科目:環境を整える援助技術

 患者さんの快適な環境を作る技術でシーツ交換を学んでいます。学生同士で話し合い「寝心地のよいベッド」を目指し、実施しました。

 

【学生の感想】

 根拠ある技術を身に着けることは大変ですが、原理原則がわかるとコツがつかめるようになります。また、皺のないベッドが出来た時は、すごく嬉しいです。先生も一緒に喜んでくれます。

5月2日 歯科衛生学科 3年生が口腔内を清掃している様子3年生の施術を1年生が見学している様子

授業科目:1・3年生合同実習

 3年生が今までに身に付けた技術で1年生のお口の中のお掃除を行います。

 

【学生の感想】

 先輩の言葉遣いや安心感を与える話し方が印象的だった。

自分も先輩のように技術を身に付けるだけでなく、患者さんを気遣える行動ができるよう頑張っていきたい。

6月1日 歯科衛生学科

技工学科の学生が被せ物について説明している様子被せ物の色合わせをしている様子

授業科目:歯科技工学科との合同実習

 歯科技工学科2年生と歯科衛生学科3年生が合同で実習を行います。

 

【学生の感想】

 他学科の学生と実習することでお互いに学ぶことが多い実習になった。

歯科衛生士として働く中で他職種との連携が必要と言われてきたが、今回の実習でそれを実感することができた。

 

 

7月4日

 17日

 

 

助産学科 分娩介助の実際分娩介助風景フリースタイル分娩の実際会陰縫合演習

授業科目:分娩介助法

 8月からの実習に向け、分娩介助の演習が始まりました。母子の安全、安楽を考え、分娩介助を繰り返し練習しています。フリースタイル分娩や模型を使った会陰縫合についても演習しています。

 

【学生の感想】

 様々な分娩介助方法を学びました。技術だけでなく、ケアの必要性についても学ぶことができました。十分にふり返り、母児が安全に過ごせるような介助ができるようにしていきたいです。

7月18日 第一看護学科

 

遊びの遊びの工夫遊び

授業科目:小児の生活と保健

 幼稚園実習の学びを活かし、子どもの遊び(魚釣り)を作成し発表します。年少、年中、年長の各年齢に合わせて作成することで、成長・発達を促す関わりを学びます。

 

【学生の感想】

 楽しく遊ぶことと安全面も考慮して作成しました。年齢に合わせて魚の大きさや釣竿も工夫しました。